読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年のジャイアンツについて①

今年一本目のジャイアンツの事について書いていきます。

今年FA補強を3件しました。マギーと中継ぎを獲得しました。獲りすぎだと思いますが、今年優勝出来なかったら由伸政権は、終焉するでしょう。

由伸さんの悪いところは、こうしたいというビジョンがないことでしょう。監督の色が見えてこない。選手を平均的に使って、使えるか使えないかの見極めをしている感じですね。

 

日ハムみたいな育成の方針を取り入れろという意見もあらゆる所で見ますが、若手野手を重視するため、大社中継ぎには負担がかかり、榊原みたいにすぐ辞めてしまう。外国人リリーバを安く獲得し、緊急補強するとかいうことを毎年やっていますので、バタバタ感がするんですよね。

 

またあらゆる所で、ソフトバンクの育成は成功しているという意見を見ますが、3軍の育成が成功しているとは言えません。

投手は、千賀、飯田が育成出身として成長していると思いますが、それ以外の選手は伸びていません。捕手も甲斐は6年目。一軍でほぼ出ていませんから今後も厳しいでしょう。

 

内野手も牧原も、成績は徐々に上がっていますので期待出来ますが、外野手の上林は、試合出場機会が増えませんので、時間がかかるかもしれません。

 

本指名ドラフトで見ても、野手は伸びているとはいえません。結論から言うとソフトバンクは、投手育成が順調で、日ハムは野手育成が順調といえるでしょう。

そしてどちらのチームも、選手を入れ替える時期が迫っていると思います。

ですので、大型トレードを仕掛ける可能性も高いかなと思っています。

 

話をジャイアンツに戻します。今年の戦力補強は、抜け目なくやりました。

平良の人的補償前に、ポジションに当てはめてみましたが、先発は8人いる。

今村、高木勇辺りを中継ぎに配置転換せざる得ず、澤村の調子が上がらない場合、山口俊を抑えに配置するプランが出来そうなのですよね。

 

今年は、サバイバルになるでしょう。ただこの戦力あっても、優勝は、不可能に思えるのだよね。

 

今回は、こんな感じで終わります。ジャイアンツの事は、しばらく間隔空きます。