2022夏の甲子園について後編

聖光学院は、今大会ベスト4でした。1戦目日大三戦では、5回1アウト三塁での佐山投入。三好の好返球が全てかなあ。5回チャンスをつぶした後の高中の本塁打が効いた感じ。7回のピンチでのセンターの守備等全体的に守備面は鍛えられている印象でした。2戦目横浜戦は、5回赤堀の盗塁が大きかったなあ。リードしてからは、テンポの早い投球でチェンジアップとカーブが、効果的で佐山が、完投しました。

3戦目敦賀気比戦では、1回1.3塁で、山浅が盗塁を刺したのが大きかったなあ。それからは、上加世田の外角のスライダーを上手くとらえて打線がつながったなあ。

このように、今年も例年通り守備からリズムを作り、投手佐山を中心としたチームでした。ようやくベスト8の壁は突破しましたが、仙台育英に2回に集中打で試合を決められ、惜しくもベスト4で終えることになりました。仙台育英に勝つためには、細かいミスをなくし、また、軸となる投手陣を何枚を作っていかないといけないので時間はかかりますが、何とかライバルが近くにいるので、レベルアップして欲しいですね。

國學院栃木は、軟投派先発から上手くつないで、智弁和歌山を抑えた継投は素晴らしかったなあ。

明秀日立は、猫の目継投で上手く仙台育英打線を抑えていたけど、流石3回目となると駄目なんだよな。連続押し出しで試合が決まってしまった。

今後としては、来年以降仁田、湯田、高橋が残る仙台育英大阪桐蔭に変わって高校野球の主役になってくることは間違いないでしょう。選抜もかなりのアドバンテージがあるのでは。今後数年間選手権と選抜を独占する勢いがあるなあ。

最後にドラフトですが、巨人は、高松商業浅野一択なのではと思いますね。他にコメントしてるのが、阿南光森山くらいですからね。この2択ではと思います。社会人では、河野佳、林優樹だけど、この2人とは縁なさそうですから。

個人的には、サイドスロー常葉菊川安西は面白いと思っています。「書き忘れたので、9月22日追記しました。」こんな感じですかね。また休養期間で駅伝シーズンですね。

2022夏の甲子園について前編

仙台育英の優勝で、幕を閉じました。やはり5人の投手陣。特に、高橋と斎藤蓉のピッチングが良かったかなあ。試合を決める集中打。守備の面でも失策が少なく、投手を中心として引き締まったゲームが多かったかなあ。準優勝の下関国際は、打撃が強く、仲井のピッチングで流れをもってきた感じかなあ。

今大会の印象として、投手がすっぽ抜ける球が多かった印象で、コントロールに苦労していた印象です。甲子園練習や練習試合を事前に組まないことも影響したのではないでしょうか。

その中で注目の試合を振り返ってみると、大阪桐蔭旭川大高。 旭川大高の池田のインコース攻めとスライダーとフォークのコンビネーションに大阪桐蔭打線が攻めあぐねていました。

きちんと厳しいところを突けば、接戦に持ち込めるとの他校に参考となる試合となったのではないでしょうか。ただ、6回表の二塁に向かってしまったプレーは流れを変える一因になったのではと思います。また、6回ピンチの時にマウンドにいって桐蔭の流れを切る必要もあったのではと感じます。8回には、池田の当たりが抜けてればという不運な当たりもありました。

鳴門ー近江。3回津田の牽制死4回一死満塁で無得点で流れが変わるかと思われたけど、流石逆転の近江だなあ。5回冨田100球投げさせるのも流石だと思った。ポイントは複数あるけど、あの申告敬遠の場面かなあ。5回山田が敬遠されて、5番横田が逆転の2点タイムリー。これで試合が決まった感じがするなあ。鳴門としては、長身の前田を投入しても面白かったなあ。

明徳ー九州国際大付

香西と吉村の投手戦。明徳の4回のサードの悪送球が痛かったなあ。明徳が守りのミスするのは珍しいなあ。明徳は、全体的に早打ち傾向で、3回の得点後じっくりと攻めた方が良かったのではないだろうか。吉村被安打5で2失点は責められないなあ。9回野田を申告敬遠して、合ってない佐倉勝負は、流石馬淵さんだと思ったけどね。

三重ー横浜。

ショート緒方が守備の面でも、打撃の面でも大活躍な感じ。8回ライトの判断ミスで落球。結局これが決勝点に。横浜杉山のインサイド高めの直球と低めの変化球で流れをもってきたなあ。

高松商ー近江。

5回の走塁死、6回の橋崎投入、7回の浅野の送球がそれるなどミスが相次いだなあ。取った後に取られる展開は一番やっていけないミスだなあ。他には、高松商には記録に残らない守備面のミスも目立ったなあ。

後編に続きます。

今年ブレークする俳優・女優予想2022年

前回から10ヶ月以上たってますので、今年も書いていきます。前年度よりは、ドラマ・映画等は復調してきましたが、まだまだ新しい俳優を抜擢する段階ではないのかなと思います。

まず、俳優1人目としては、金子大地ですね。魔法のリノベでは主人公の元彼役。大河ドラマでは、源頼家役など、多数のドラマに出演されています。

もう一人は、道枝駿佑。リメークされた金田一少年の事件簿の主演。映画461日のおべんとう、「今夜、世界からこの恋が消えても」の主演などジャニーズでありながら飛躍が期待される若手ですね。

俳優はこんな感じでしょうか。

次に女優一人目としては、當真あみ。オールドルーキーでは、フェンシングの選手役。キリッとした感じがいいですね。カルピスウォーター14代目cmの役としても有名です。今後飛躍が期待されそうです。

女優2人目としては、日比美思。オクトーでは、北村聡子役。その他ドラマでも多数出演されています。可愛い感じでブレークしそうですね。

女優3人目としては、福本莉子。「今夜、世界からこの恋が消えても」の道枝君の相手役。消えた初恋など多数出演。きっかけがあればブレークしそうな感じですね。

まあ今回はこんな感じでしょうね。新井舞良辺りも候補にはあったけど、ヒルナンデスで顔が売れているからなあ。



フィギュアスケート第一人者の引退

久しぶりですね。それでは書いていきます。

2022年7月19日フィギュアスケートの第一人者であり、先駆者である羽生結弦が引退を致しました。少し驚きでありましたが、北京五輪後に既に決めていたとのこと。後数年競技をやって、国内の代表枠から漏れた場合に引退を決断するといった方法もとることができましたが、本人のプライドが許さなかったのでしょう。

私の祖母がフィギュアスケートを好きでしたので、見る機会が多々ありました。なので今回は書くことにしました。彼の素晴らしいところは、まずどのファンでもきちんと対応すること。もちろん他国の選手ともです。彼は、それで写真が流出することもありました。それなので、審査員もきちんと評価するのでしょう。もちろん採点基準は度々変わります。それについて卒論などで批判することもありました。個人的には、羽生が求める採点基準と審査員が求める採点基準や採点できる範囲等にズレがあったのではないかという感じですね。

 今後は、AIで判断されるでしょうね。女子の方でしょうが、宮原と紀平の採点のジャッジには疑問をもっています。

次に、クワッドアクセルの完成度を上げるためにかなり時間がかかること。SEIMEIのプログラムから平昌天と地にから、プルシェンコのプログラムをアレンジしたり、始皇帝のプログラムを模索したりしましたが、煮詰まっていること。(これは後継者等が上手く解釈して発展させて欲しいと思います)

話は変わりますが、北京五輪であえて今までの武器で完成度を上げてメダルを狙いにいく選択肢もあったように思いますが、しなかったのでしょう。鍵山、宇野に負けたこともプロ転向の一要因になったことも否めないでしょうね。

プロになるとお金が入ります。なので、コロナが収まってからでも良かったと思いますが、準備に時間がかかるので早めに準備したのでしょう。その金額でフィギュア業界の支援をするつもりなのではと思っています。

今回はこんな感じで終わります。

都道府県対抗女子駅伝について

男子駅伝が開催されないので、女子駅伝をポイントを絞って書いていきます。

京都が18回目の優勝。6~9区が強かったですね。アンカーの安藤さんのスピードに誰もついていけなかった感じがしますね。福岡の木村さんがもっと早めに追っていたらとも思いますが、上位3チームはミスがない駅伝だったといえると思います。宮城は、6区がもうちょっとという部分もありますが、初駅伝で区間7位の壁谷さんは責められないでしょう。福岡も区間賞と区間新が中学生区間と中高生の頑張りが目立った感じです。

 兵庫は、田中希美さんが飛び出した石川の五島さんについて行って流れをつくった感じがします。

長崎は、森さんと廣中さんの2枚が生きたかなあ。福島は、田邊さんが区間10位、石井さんが本調子ではないながらも区間8位の2区間と3区湯田の区間2位が大きかったかなあ。

その他で目立った選手は、1区の先頭の五島さん。全日本女子とかと同じで飛び出していくスタイルで最後まで押しきれるのは大きいなあ。2区区間3位蔦野、3区区間賞岡本、4区区間新不破、米澤、逸木、5区区間賞道清、7区明貝辺りかなあ。

こんな感じですかね。個人的印象だと特に長崎、福岡は中高生が伸びている感じがするので今後が楽しみだなあ。

次回は、しばらく空く感じです。昨年残していた記事以降はまた高校野球の話題になるでしょう。

 

 

 

 

箱根駅伝2022について

2位に10分差つける青学の圧勝でしたね。それだけ選手層が厚くて調子の良い選手だけを選べる状況にあったということでしょうね。往路の3区太田、5区若林の1年生コンビの起用が、当たりましたね。復路は、岸本が区間賞、9区の中村、10区の中倉の区間新は流石に出来すぎという感じでした。

来年以降に、かなりメンバーも残るし、横田、鶴川とかもいるからなあ。2連覇は確実でしょうね。

順大は、1区の出遅れを3.4.5でカバー。復路も6区牧瀬、8区津田の4年生が区間賞。ここまでの好成績は予想できなかったなあ。

駒大は、デコボコ過ぎたかなあ。期待された選手がもう少しという部分があったなあ。8区の芽吹は、また怪我再発したみたいでそういうところもなあ。

東洋大。まあ往路予想外のコメントもあったけど、よくやったんじゃないですかね。5区宮下で上積みできればというところもあったけど、清野の最終区区間2位は、かなり上出来でしょう。ただ、この2チーム最近追い込み過ぎるのか、怪我人が多い感じする。

中大。1区吉居で先行し、山区間区間上位に。8区中澤の好走が生きた感じかなあ。

東京国際大。ヴィンセントが足を痛めながら区間5位で走ったのが大きいし、(ただ、どういう事情があるにしろ、怪我してる選手を走らせるのは私は反対ですが)丹所の3区の好走が生きた感じに。ただ山区間を苦手にしているので、来年以降は克服して欲しいなあ。

創価大。駒沢以上のデコボコ駅伝に。ただ、区間2桁が2区間は続いてないので、シード落ちは免れたかなあ。

国学院大。木付のブレーキを9区平林で取り返した感じかな。帝京大は、往路での貯金が大きかったなあ。

まあこんな感じでしょうか。学石で都大路走れなかった中澤が好走でしたし、吉田凌も創価大がスカウト出来たのは今後大きいなあ。後今回初出場だったを駿河台の6区小泉も区間3位と爪痕を残したのは今後にとっても大きい感じする。

次は、都道府県対抗駅伝だけど、女子の方は分からないけど、男子の方は書くつもりです。