日テレ男子アナの既婚・未婚

オフといいましたが、上重・藤井アナがフリーになるので一応まとめておきます。

日テレ男子アナが既婚が未婚か書いていきます。

(公表されていない場合や確認が取れない場合未婚扱いとします。)

1988年 村山喜彦(未婚)

1990年鈴木健(既婚)

1992年 平川健太郎(既婚)

1994年 藤井貴彦(既婚・3月フリーに)

1995年 矢島学  (既婚)

1997年 蛯原哲(既婚),菅谷大介(既婚)

1998年 町田浩徳(既婚)、ラルフ鈴木(既婚)

2000年 田邊研一郎(既婚)

2001年 森圭介(既婚)

2002年田中毅(既婚)

2003年 上重聡(未婚・3月退社)

2004年 中野健吾(既婚)

2005年 藤田大介(既婚)

2009年 辻岡義堂(既婚)

2011年 山本紘之(既婚)

2012年 安村直樹(未婚・離婚歴有)

2013年川畑一志(既婚)

2014年 山﨑誠(未婚)、山本健太(既婚)

2015年 平松修造(未婚)

2016年 梅澤廉(未婚)

2017年伊藤大海(既婚)、伊藤遼(未婚)

2018年 弘竜太郎(未婚)

2019年大町玲央(未婚)

2020年北脇大基(未婚),田辺大智(既婚)

2021年渋谷善ヘイゼル(未婚)

2023年住岡佑樹(未婚)

男性アナはほぼ結婚している印象。やはり収入面が良いのだろうな。2014年以降の20代から32歳の結婚は少ない印象。この後結婚するのか。それともそのままなのかは興味がありますね。

まあ、こんな感じで次回はいよいよセンバツですね。

都道府県対抗男子駅伝について2024(ひろしま駅伝)

長野の圧勝でしたね。4区永原で先頭に立つと、5区山口の連続区間賞で圧倒的なリードをつけ、最後の締めはアンカー鈴木の区間新で大会記録を更新しました。途中まで大会記録に遅れていただけに来年以降に余力を残して4連覇も確実と思われます。1つ課題だったのは、3区伊藤が区間新を出した大阪葛西を追えなかったことですね。

今回3・7区の記録が更新されました。過去の保持者はともに、かつて携帯電話の代理店業務を行っていたくろしお通信の大森と大島でした。時代の流れを感じますね。このチームはニューイヤー駅伝にも出てましたね。

埼玉。1区松井以外の高校生区間が駄目でしたね。アンカー荻久保の区間3位の激走で順位を2位まで上げました。

千葉。5区鈴木の好走で2位まで上げるも、アンカー伊豫田が区間25位でしたね。

京都。アンカー清水の集団走で抜け出したのが良かったかな。

兵庫。1区折田でもう少し前に行けてれば。

岡山。風岡が集団走で負けてしまったのが痛い。

福岡 5区区間3位山口の好走が大きかった。

東京 3区米井とアンカー島津が伸びず。

こんな感じですかね。実力的には4位以降実力差なかったのかな。

次に福島県はベストメンバーが組めないなど、誤算がありながらも4区までは10位と想定通りのレース。5区橋本が区間29位と粘れなかったことに尽きるかなあ。

最後に先週の女子駅伝の8区の中学生の好走がなくても、小海さんの強さで優勝をもってこれたと思うし、それだけアンカー秒差できたら宮城が強いとは思いました。

しばらくオフの期間に入ります。直木賞の記事挙げようかなとも思ったけど、加藤シゲアキ君ではなかったのでスルーします。いつか書けるときが来ればよいですね。

来年以降も都道府県駅伝はこれくらいの規模で記事を書くつもりです。

グレイトギフトについて

今回はテレ朝木曜9時枠グレイトギフトについて書いていきます。

ある病院で心不全が相次ぐ病理医の藤巻はその原因となる病原菌を見つけるが、死滅してしまう。その病原菌はギフトと呼ばれ、死因は心不全と判断される完璧な殺人兵器であった。藤巻はその病原菌の培養を白鳥に頼まれるが、その球菌を権力欲しさに利用されてしまう。

こんな話だった。初回視聴率はまずまずの9.8%であった。

ここで、独断ではあるが、黒岩さん脚本のドラマの失敗作と成功作について書いていくことにする。(単発ドラマ・映画は除く)

成功作…ライアーゲーム2、絶対零度謎解きはディナーのあとでストロベリーナイト、ようこそわが家へ、メゾンドポリス、モンテクリスト伯、TOKYOMER、アンサングシンデレラ、危険なビーナス、ラストマン

失敗作…dinner、よろず占い処、すべてがFになる、サムライせんせい,僕のヤバイ妻、貴族探偵、らせんの迷宮、消えた初恋、マイファミリー、

ミステリー、刑事ドラマを中心に、医療ドラマに幅を広げている印象。彼のドラマはあたる印象があります。ヒットメーカーらしく、最初はフジ、次はテレ朝、最近はTBSのドラマ作っている印象があります。

今回のドラマは初回で謎の散りばめ方が良い感じです。波瑠と津田健次郎が怪しいキャストだと思います。白鳥の協力者をずっと演じるつまらない展開にはしないはず。第2話以降注目です。

今回はこんな感じで書いてみました。少し変化球の話題もたまには取りあげたいと思います。

 

帰れマンデーについて他2024について

4年以上前に書いたテレビ番組について①の続編です。帰れマンデーは2018年にゴールデンに進出し、すし歩き、肉歩き、バスサンドの企画を主に放送しています。2023年には36回放送し、ゴールデン初期の40回に迫る回数やっており、ほぼ毎週やっている感じとなっております。ネタ切れ感が強く同じルートを少し変化させたルートを最近やっております。それなのでパン・寿司・肉のサイコロが別途用意される感じになっております。それだけ固定ファンが多いのでしょうね。

最近は行列のできる店特集で尺調整しているのでTVer等で見ることが増えています。

思ったより、帰れま10が4回(1回はカラオケ回)、帰れマンデーの別企画、総選挙系、10万円でできるかなは14回(最近はガチャ関係なくなりましたね)Qさまは20回と最近増えていますが、(意外と視聴率取れてる)基本的には帰れマンデーが毎週やる感じですね。これは、昔の帰れま10と同じで今後マンネリ化したら、また同じ運命を辿る感じがします。

今回はこんな感じでまとめてみました。この企画の次はあいつ今何してるの予定でしたが、特番化してしまいましたので、書くとしたらポツンと一軒家かな。この番組もマンネリ化しているのでスルーするかもですけどね。

今年ブレークする俳優・女優2024

前回から、9ヶ月以上たっていますので、書いていきます。ドラマの視聴率の低下が顕著になってます。今後ドラマは、生で見るのではなく、それぞれが好きな物を配信で見る時代が来てると思うし、配信のみのドラマが増えるでしょう。

 

俳優の1人目としては、伊藤あさひ下剋上球児野球部員役。今後の活躍が期待されます。

俳優の2人目としては、兵頭功海。CODEでは、主人公の協力者役、下剋上球児では、投手役で実際に140キロ出すと言われていて、今後注目です。

女優1人目は、高石あかり。墜落JK廃人教師では、ヒロイン役。わたしの一番最悪なともだちに出演しています。

女優2人目は、莉子。ここで名前をあげた畑芽育の親友役として、「なのに千輝くんが甘すぎる」に出ていました。最高の教師に生徒役で出るなど、飛躍が期待されています。

女優3人目は、藤﨑ゆみあ。最高の教師生徒役で出演。高校サッカー応援マネージャーに選ばれる。

ここには挙げていないのですが、大沢一菜、椛島光も候補にはありました。

 

全国都道府県対抗女子駅伝・全国都道府県対抗男子駅伝について

年末年始時間の使い方についていろいろと見直してます。全国都道府県女子駅伝については見ますが、書くことはしません。全国都道府県男子駅伝については、簡略化して書く予定ではいますが、少し遅れる可能性があります。

一応報告まで。ハンカチ世代。