都道府県対抗男子駅伝2023について

1区は、長崎川原と山梨内堀が前に出て、途中からハイペースになりましたね。ここで、1区のスペシャリスト兵庫長嶋が一気に出て、長崎永原との一騎討ちになります。最後もの凄いスパートを見せた長嶋が、そのままトップでたすきを渡す区間新の走りでした。

2区は、兵庫新妻が区間賞の走りでその差を広げます。3区は、兵庫目片は最初飛ばしますが、中盤からきつくなり、京都の佐藤がおいかけておいつかれます。

4区。長野山口と千葉の佐藤が並走しながら前を追っていき、京都大西を捉えました。長野山口は区間新の走りでした。

5区長野吉岡に京都柴田がついていきますが、吉岡の区間新の走りで後続との差を広げます。長野がこの差を守って、見事歴代最高記録更新で優勝を果たしました。やはり4区・5区の区間新が大きかったですね。

2位は、埼玉。最終区の荻久保の区間2位の好走が良かったですね。ただ、3区の川瀬の区間14位で差をつけられました。

東京。嶋津の最終区区間7位はもう少し出来たのでは。3区の茂木の区間11位が痛かったかな。

千葉。鈴木・工藤の八千代松陰組が奮起するも、最終区椎野の区間23位で順位を落としてしまったなあ。

岡山。女子のドルーリーさんの流れで男子も快進撃。1.3.5.の桑田、石原、南坂で勝負出来たのは大きいのでは。

京都。高校生区間が後1枚枚数足りなかった感じがする。前述しましたが、佐藤の走りが、素晴らしかった。

広島。1区村上の出遅れが後に響いた感じかなあ。最終区相葉は、京都西と前を追い区間4位の快走でした。

兵庫。1.2区で流れが出来ていたのに、3区目片で流れを止めてしまった感じがする。アンカー藤本も、区間33位と悪すぎました。

福島県は、序盤で遅れたけど、将来日向になれる逸材の増子が区間賞。非学石の谷中が区間9位、2区の栗村が区間3位と想定通りのレースが出来ていたなかで、アンカー松山は、吉居弟のペースにつきあってしまい区間39位となり、順位下げたのがもったいなかったなあ。

その他の区間賞は、7区佐賀山﨑、3区群馬塩尻塩尻は、怪我だったけど、見事に復活したなあ。

その他活躍した選手は、1区区間5位京都岡田、2区区間2位茨城五十嵐、3区区間3位和歌山若林、区間5位千葉篠原、4区区間2位埼玉久保田、5区区間8位宮崎池間、6区区間2位和歌山田中、7区区間4位新潟 山本唯翔。

まあ、今回はこんな感じで終わります。次回のブログ更新の予定は、オフ期間に入り、選抜記事から始まります。例年より、ボリュームを少なめにしていきたいと思います。

都道府県対抗女子駅伝2023について

今回は、予想された通り混戦模様となり、アンカーを残すのみとなった時点で1位から3位の5秒差。5位まで22秒差ということでアンカー勝負になりました。最終的には、大阪の松田と神奈川の佐藤成葉が後ろから追いかけていき、松田が9区中間点から引き離し、終わってみれば、区間歴代9位の好記録で2位に49秒の大差をつけ、大阪が8年ぶり4回目の優勝を果たしました。

2位は京都でした。1、2区で出遅れたのがなあ。細谷さんの時点でもう少し前にいたかったのでは。相手チームのアンカーに松田がいるのでもう少し早めに勝負しないといけなかった。9区柳谷はオーバーペースで突っ込んだ逸木・佐藤・唐沢を捉えたのは見事でした。

福岡。前年同様中高生の走りが良かったですね。1区区間5位野田、4区区間6位武田、5区区間3位下森、7区区間3位宮原。中学生区間も8区区間4位菅原、3区区間6位岡本と区間二桁が1区間のみと今後アンカーに強い選手が出てくれば優勝を狙える感じがします。

神奈川。信櫻、渡邊、出水田、佐藤の4枚の実業団選手が効いたかなあ。

東京。1.2区の出遅れを河野・鈴木・大木の678の中高生に5区の増渕が区間上位で取り返した感じ。あと1.2枚あればもっと上位にいけるなあ。(最終区まで、2位でしたし、)。

千葉。5区の上杉の区間賞と9区の加世田の区間4位が効いたなあ。

愛知。山本の先行型が上手くいった感じ。鷲見はもっと出来たのでは。

兵庫。アンカー太田が一気に9位にもってきた感じ。

福島県。ほぼ想定内のレースだったと思うけど、3区湯田の区間9位、渡邊唯の区間40位が悪すぎたなあ。7区岩崎と8区木戸の区間賞で入賞圏内見えたので、渡邊唯が、区間11位相当で走ってれば入賞圏内に届いたので惜しかったなあ。

その他目立った選手は、1区区間賞小海。実業団にいってからは鳴りを潜めてたけど、もともと実力のある選手。最後のスパートは凄かったなあ。

2区2位宮崎、下田平。3区区間賞岡山、ドルーリー朱瑛里。4区区間賞京都、山本柚未。5区区間2位大阪塚本夕藍。6区区間賞神奈川、近藤希実。8区区間2位栃木磯陽向。

こんな感じで終わります。次は、用事があるので、当日更新は無理そうですが、重要ポイントのみでひろしま駅伝ですね。

箱根駅伝2023について

駒大が2年ぶり8回目の優勝を果たしました。全区間が5番以内とミスなく終えたことが優勝に繋がったと思います。

中大。1区スローペースだったのと、前半型オーダーで先行していったのが、好結果に繋がりました。吉居兄は突っ込んで入ったのに、終盤伸びて区間賞を獲得しましたし、中野も区間賞。5区の阿部も区間3位と流れに乗りましたね。

青学大。、5.6区でトップと7分離されたことが全てかなあ。9区岸本が区間賞の意地を見せるも、時すでに遅しという感じだったなあ。

國學院大。2.3.4が上手く繋がって流れが出来た感じかなあ。ただ、もう少し上積み出来た感じはする。

順大 四釜の5区60分台が効いたなあ。

早大 1.2区の出遅れを3区の井川で力を使ってしまった感じがする。3区の時にもう少し前にいれば面白かったのでは。

城西大。 5区の山本の60分台の区間新が効いたかなあ。

東洋大。往路出遅れも木本の区間賞、梅崎の区間4位でぎりぎりシード獲得。児玉は、スローでもハイペースでも失敗したので起用が失敗だったなあ。

東京国際大。ビィンセントが4区で区間新しながら他の選手が全部だめでしたね。ピーキングが上手く出来なかった感じがします。

明治。7区の杉で区間賞を獲るなど8区までは9位とシード圏内でした。9区下條が区間17位で一気に下げてしまいました。

その他目立った選手は、1区区間賞明治富田、2区区間2位青学近藤、4区区間2位青学太田、7区区間創価葛西、8区区間賞順天堂西澤。

来年以降どうなるでしょうか。駒大は、下級生が残るので、来年も優勝候補だと思います。それに対して青学は、7人が4年生で、鶴川などの下級生が出てこないと今年以上に厳しい感じます。

その他の大学は、今年以上の団子状態なのでは。中大も吉居兄弟は残りますが、それなりに抜けるので下級生の抜擢が必要でしょうね。それとヴィンセントが抜けた東京国際大は、予選会突破もきついでしょうね。

こんな感じで終わります。次回は、サッカー飛ばしたので、都道府県対抗女子駅伝を書く予定です。

 

ニューイヤー駅伝2023について

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。昨年度も体調面の不調が続きました。今年は、昨年から始めたこともありますし、少しでも良くなるように頑張っていきたいと思います。

ホンダの連覇でしたね。4区最長区間の小山の区間3位、5区の青木の区間賞が大きかったのはもちろん。6区中山の区間2位、7区木村の区間2位と磐石なレース運びをしましたね。

富士通。3区坂東の失速が痛かったですね。それでも、4区の横手、5区の塩尻、7区の潰滝は区間上位の走りをしました。

トヨタ自動車。3区太田の快走が光った感じ。5区の丸山は前半突っ込みすぎた感じ。西山和弥は、最近駅伝でいいイメージないなあ。

三菱重工。前半型オーダーで枚数足りなかった感じかなあ。

GMO。3区の大迫のオーダーは成功。もう少し選手層が厚くなれば面白いチームなのでは。5区の今江は登り適正あったのかなあ。

スバル。口町の走りで、4区の照井の失速取り返したなあ。

中電工。5区二岡の走りで流れを引き寄せたかなあ。

トヨタ紡績。羽生の走りで入賞圏内も、アンカー山田の区間29位がなあ。

その他の目立った選手は、花王の4区池田の区間賞。4区区間2位の黒崎播磨細谷。1区3位ヤクルト太田。7区区間5位花王大畑。7区区間6位JR東日本米井。

今年に関しては、予想に反して暑い気温になり、スローになりましたので、箱根も意外とスローになるのかも。1区に集まるより、78区の方が重要性高そうですからね。青学は、7区にエースを置く作戦をとっていますしね。

来年以降ですが、ホンダには、ヴィンセント。トヨタには田澤が入るので、この2強になるのかなと思います。

まあこんな感じで今回は終わります。箱根は書きますが、あまり見れないので、例年よりはコンパクトに書いていくつもりです。

サッカー記事は、書けるレベルにはないので、今年もスルーかな。尚志は、ドリブルは効果的だったけど、対策取られて中央に人数かけられて防がれたなあ。作戦の幅が少ない感じしました。来年以降への課題がかなり出た今年だったなあ。

 

全国高校女子駅伝・全国高校男子駅伝について

女子は、長野東が初優勝を果たしました。全員が区間1桁の安定感と、5区村岡の区間3位の快走が初優勝を引き寄せました。

仙台育英。1・2区で長野東と13秒しか引き離せていなかったのが敗因かなあ。

神村学園。アクシデントがあったからやむを得ないと思いますが、1区の32秒が最後まで響いたなあ。

白鵬女子。全員が区間1桁で大健闘といっていい、絶対的エース的な存在がいなかったかなあ。

薫英。後ろの方で勝負する展開になって波に乗れなかった印象がする。

学石。最初が悪すぎたけど、追い上げて10位まずまずでしょう。

来年以降どうなるでしょうか。仙台育英の1年生3人組には上積みは期待出来るけど、杉森の穴が大きすぎる感じがする。来年は長野東も戦力抜けるし、今年以上に混戦に、なると思います。

その他目立った選手は、1区区間6位山田③白木、区間8位ルーテル学院③溝上。2区区間6位山田①穂岐山。3区区間立命館宇治③細谷。5区区間4位青森山田①ルーシー。

男子は、倉敷が4年ぶり3回目の優勝を決めました。ポイントは、監督の言ってた通り3.4区でしょうね。3区キバティの区間新。4区桑田の区間賞でしょう。この2区間で優勝を決めました。

佐久長聖。3区に吉岡を起用する優勝を狙うのには最適なオーダー。昨年の佐藤圭汰の記録を破り、21秒しか離されなかった点で評価できます。ミスらしいミスはなかったのでは。昨年の世羅と洛南の関係に似ていますね。

八千代松陰。1区綾が転倒がありながらも区間3位と粘り、347も上位で走り、7区は区間賞。鈴木君も1年ですし、今後楽しみなチームです。

西脇工。1区③長嶋の先行型が成功したのかと。学石6区③高橋の区間賞で入賞圏内に。智弁学園6.7で落とした感じが。大分東明5.6.7で留学生の貯金をなくした感じ。

その他目立った選手としては、2区区間賞小林③服部。4区区間7位城西②岡村。5区区間埼玉栄②松井、7区区間6位滋賀学園③宮地辺りかなあ。

来年以降キバティも残るし、倉敷優位は変わらないのかも。その他の高校は、来年以降選手がガラッと入れ替わりそうだし、勢力図も若干変わりそうな感じがします。

ポイントだけまとめた感じですが、こんな感じで終わります。新年はニューイヤー駅伝から始まり、箱根駅伝、今年から書けたら高校サッカー。全国都道府県対抗駅伝と続きます。

最後に箱根駅伝ニューイヤー駅伝は晴れなので、スローな展開にはならず、1区については、高速レースになるのではと思います。

 

 

現役ドラフト

横浜DeNA 笠原、ヤクルト成田翔、阪神大竹耕太郎にとっては、良かったのでは伸び悩んでいたし。 細川も、横浜では出番少なかったし、中日で出番増えるのでは。 広島は、戸根で中継ぎ強化と、ジャイアンツは、走力の高いオコエを増やしたところで、同タイプいるしな。

個人的には、二巡目の候補で今後トレードを仕掛ける球団出てきそう。これでようやく人的補償も動きますね。