読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マスターズについて2017

ゴルフのマスターズについて書いていきます。今年も初優勝者が出ました。

 

セルヒオガルシアです。

マスターズ19回目の出場での優勝は、最も遅い記録になるようです。

ここ数年は、上位にも顔を出しており、見かける場面が多かったです。

世界ランクは、11位であり、実力がありながらあと一歩という選手でした。

勝因は、13番の右の樹木の方向に、いきながらアンプレヤブルを宣言し、見事リカバリーパーだったところですね。

相手のJ・ローズは、2オンしながらスリーパットでパー。

ここからガルシアが切り替えたことじゃないでしょうか。これ以降ティショットが曲がらず、アプローチをピンを捉えるショットが多かったです。

 

Jローズは、15番のティショット以降背中を痛めた影響で、ドライバーはどうしてもフルショットしないといけないので、ドライバーが曲がりぎみになってましたね。またパットの時つらそうにしてました。

 

Jローズとしては、72ホールで決めたかったところ、17番と18番のパットが悔やまれるかな。

プレーオフは、もう限界だったのかな。ただそれまでは良いプレーをずっとしてましたね。

 

ガルシアも、18番は、右に抜けたのは決めて欲しかったなあ。こういうグリーン周りの一番重要なショットが出来てなかったから優勝から遠ざかっていたのだろうな。最近でいうと穴井詩みたいなタイプだったのかなと。

爆発力はあるけど、プレーが粗いみたいな。今後メジャーうまくかみ合えばまた優勝するだろうけど難しいのじゃないかなとも感じた。

 

まあ、松山英樹はもっとできるはずと思っていたので残念。前にもちらっと書いたけど、彼はドライバーの打ち分け。ロングアイアンの刻みのスタイルで勝負していくと思うので、今回は、ドライバーの打ち分けが出来ていなかったと感じました。

 

彼の場合は、チャンスはあるはず。

 

まあ、今回はこんな感じで。削ったけど説明が多くなっているかな。

 

 

 

 

 

 

2017年選抜大会について

今年は、ストライクに苦労する投手が多く、コントロールに長けた投手は、数人しかいなかった感じがします。それと打撃戦になるチームが多く、打高投低の大会でした。

 

良かった選手は、後半復調の安田、強肩で目立った古賀、きれいなフォームで投げる三浦、清宮の4人ですね。もの足りなさを感じたのは、仙台育英西巻。言われているほど守備がうまくないのだよな。

 

注目試合として4試合とりあげていくと、東海大望洋滋賀学園ですね。東海大望洋の金久保投手14回218球、滋賀学園棚原14回192球は、投げすぎだと思うし、特に金久保投手のテイクバックの小さいフォームの投げ方は負荷のかかりそうに見えました。

180球を目処に球数制限を設けてはと思いました。

 

2つ目として、福井工大福井仙台育英の地区校1位の試合は、仙台育英福井工大福井の守備の隙をついた走塁は見事でレベルが高い試合でしたけど、8・9回仙台育英の長谷川投手の球威がなくなったとこで、捉えられて福井工大福井に勝ち越されそのまま逃げ切り勝ちでした。

たらればですが、継投してれば仙台育英は勝てたかもしれませんが、西巻が投げられないことは大きかったのかな。

 

やはりインパクトで凄かったのは、初回に、6点ずつとった大阪桐蔭ー静岡戦。

途中から静岡の投手のストレート攻めに、大阪桐蔭打線がつまらせられます。

8回球威が落ちた静岡の池谷投手から代打西島選手が逆転タイムリー。

凄い試合でしたね。先発投手の起用ミスをチーム全体で取り返しましたね。

ただ長身の横川は、来年エースになれる素材と見ました。

根尾は、素質はあるのだろうけど状況に応じたバッティング、投手としてはもう少しストライク入らないと厳しいだろうな。ただプロに入るとしたら直接でしょうけどね。

準々決勝は、一方的な試合が多かった感じがするので準決勝。

秀岳館大阪桐蔭。両チームチャンスを作っていたけど、チャンスをものに出来たか出来てないかの差で大阪桐蔭が勝ちました。

それと大阪桐蔭の守りは堅くチャンスで内野を抜けない感じはしました。

秀岳館の2枚のエースは、レベル高いと思うし、もうちょっとなのだよね。

夏は、もう一段上のチームを作ってくれるでしょう。まあこんな感じで少し分量多かったかな。

 

伊那駅伝について

高校生の駅伝の日本一を決める大会は、12月の都大路ですが、新世代の実力を見る大会としては、3月の伊那駅伝があります。

 

男子については、ここでの優勝校が2年連続で都大路を制していますので非常に実力を測る大会としては最適でしょう。

男子は、佐久長聖が2位西脇工に1分以上差をつける圧勝。全ての走者が区間6位以内と層の厚さを示しました。都大路に向けて実力は頭一つ抜き出ているでしょう。

 

倉敷は、ニジオカが外国人区間区間新ですが、4位で終えました。昨年よりは戦力は落ち、外人頼みの集団であったのでしょう。課題が残りますね。

 

学石は、3位で終えました。超高校級のランナーがいなくても充分戦えることを示しました。この結果を満足とせず上を目指して欲しいですね。

トップと2分差あるわけでこの差は最終的に縮まらないこともあるかもしれないですが、最終的にはもう少し頑張って欲しいですね。

 

世羅どうしたんでしょう。外人ランナーも遅いわけではないのですが、7位という順位に、最近上位で位置してきた世羅の時代は終わったといってもいいのかなと思います。

寂しい感じはしますね。

 

女子は、西脇工が優勝しましたが、2位長野東と11秒。差はないといってもいいかもしれません。

大阪薫英は、優勝候補だろうけど少し落ちる感じかな。

荏田高校も5位だろうけど、白鵬女子も10位、三浦学苑も13位。立命館宇治7位と京都外大西9位。女子の場合は、どちらかが出れないということが起こっていて今年は、大混戦だよなと思いますね。

全国男子駅伝は、書けませんでした。ある事情と怒りの出来事で書けなかったので、今回伊那駅伝を書きました。

 

 

 

 

二世ゴルファー初優勝ならず

ダイキンオーキッドレディースについて少し遅くなりましたが書いていきます。

 

沖縄で行われていた大会ですね。

 

優勝争いは絞られ、川岸良兼の娘川岸史果が途中までリードしていましたが最後アンソンジュに逆転されてしまいました。

痛かったのは、川岸が16番ミスと18番の3打目のアプローチの完全なミスショットですね。その2つのどちらかがなければ優勝により近づいたかもしれません。

まあ、本人が一番悔しいだろうし、そのうち初優勝のチャンスは、再度やってくるでしょう。

また、今回調子悪いながらも、イボミが地味に上位でフィニッシュしました。

 

それと、余談になりますが、柏原明日架さん体育会TVで活躍してましたね。今大会も上位。今年こそは、トップ10には入って欲しいなあ。

 

今後も、昨年は、事前に見る試合決めていたけど、今年は、特に見る試合決めていないので、ランダムに書いていきます。

 

 

 

 

錦織世界ランキング一位の可能性③

今回も続きを書いていきます。

今回フェデラーナダルの決勝になりました。

全豪4回戦の錦織戦で勢いづいてフェデラーが優勝した感じですね。フェデラーは、今回の優勝でトップ10に入ってきました。

 

錦織戦でのフェデラーは、全盛期ほどのプレーは、していませんが、要所で決めるショットが素晴らしかったですね。

 

去年休養していたナダルフェデラーが今後もこのプレーを持続出来るのかということがあります。それは今後見ていかなければなりません。

 

錦織は、彼らが今後時代を作るのであれば、錦織は今回は、4回戦フェデラー戦は勝たなければいけなかったし、ラオニッチは、準々決勝ナダルに勝たなければならなかったでしょう。その面では失望の面があります。

 

BIG4の残りの二人のジョコビッチとマレーは、早期敗退しました。

特にジョコビッチは、初戦で敗退しました。全仏までにどこまで戻せるか心配ですね。

ジョコビッチは、昨年マレーに王者を譲り渡しました。それは、ジョコビッチが落ちたともいわれています。ジョコビッチが今年奪い返すのか。マレーが逃げるのか。今後楽しみであります。

 

今年BIG4がどれくらいやれるか。世代交代の動きになっていくのか。今年は、テニス界にとって重要な一年になるかもしれません。

 

それは、錦織、ラオニッチの今後にも関わるかもしれません。

 

近いうちに今年二回目のテニスの記事を書くかもしれません。

 

今年は、多分テニス多くなります。

 

全国女子駅伝について

とりあえず吹雪の中のレースでした。特に、4区から6区が酷かったですね。全ランナーにお疲れ様といいたいですね。

 

京都が優勝しました。勝敗のポイントは 特にありませんが、4区和田さん以外大きなミスはなかったことと、村松灯さんの中学生区間の強さ。

中高生区間をそこそこの走りをすることがこの駅伝の攻略のポイントかもしれません。

 

今年の群馬は、勝ち切るというところまでの力があったかは微妙ですが、一区岡本さんの先頭から55秒差は、想定外だったかもしれません。

先頭を見える位置でのレースが出来れば、もっと順位は、上だったかもしれません。中学生区間で、不破さんが区間賞今後楽しみかもね。

 

今回一番驚いたのは、長崎廣中さんの走りですね。解説の人が和製ラドクリフと名付けたくらい区間新に迫るくらい速かったし、凄かった。今後が楽しみです。

 

神奈川は、前でレースしていたと思うけど、高校生区間はもっとタイムは上積みできただろうし、中学生区間惨敗なのでそこが敗因かな。天候のせいもあったかな。5区~7区でもう少し体が動いていればなあと思った。

 

兵庫は、岩出さんのミスが無ければ、もっと前でレースしていたかもしれないですね。

 それだけ選手層はそろっていたということで、まあ残念かな。マラソン練習しているから、結果が出ないと理由にするテレビにはちょっと強引すぎと思ったけどね。

 

福島県については、あまり書くことないんですけど、ヤマダ石井さんは、実業団で伸びたなと思う。小枝さんは、厳しいんじゃないかなと思う。小澤さんも次のステージで頑張って欲しい。

 

その他清田真央さんが好調のような感じがする。あの独特のフォームも注目だけど意外とマラソン適正あるのじゃないかなと思う。

西原加純さんは、追える走り出来なかったのでピークは過ぎたのかなと思う。

 

まあ、こんな感じで今回は、終えます。今週末は、ひろしま駅伝です。まあ、書けるか微妙です。もともと日記、備忘録のようなものなのでこだわる必要もないかな。