過去作のドラマについて②

引き続き書いていきます。前のブログ記事を書いた後で、大きな発表がありました。科捜研の女が4月から1年放送するとのこと。これは驚きでしたし、成功したら他の人気作のドラマも同じことやりそうな感じはしまし。

 それと、注目していた刑事ゼロは、14.8%と予想以上の視聴率と出来でしたね。第2話も10%と好調で、第3話以降も期待出来ますね。

 今回は、医療ドラマについて書いていきます。医療ドラマについては、フジが上手く作っていた印象があって、救命病棟24時医龍ドクターコトー、チームバチスタ辺りが上手く作られていた印象。この4つのシリーズのドラマが最近作られていないことはフジにとっては、上手くいっていない印象なのかなと思う。

 この4つのドラマも、最後は、最初のシリーズと設定を大きく改変して何とか延命していた印象で、今後作られていくことはおそらくないのではと思っています。

 コードブルーも、一昨年作られたシリーズは、山Pのドラマという感じで、新人フェローのキャストが弱かった点が残念でした。映画は、ヒットしてますし、今後シリーズが作られると思いますから、キャストと脚本をきちんと欲しいですね。

 昨年放送されたグッドドクターは、続編があると思いますし、また、医療ドラマで視聴率をとっていたころの原点に返るべきではないのでしょうか。最近の月9をみると、どの視聴者層をターゲットにするのか、いまいちわからないブレブレの方針なのが気になります。

 

 他局では、医療ドラマとして、ドクターXがありますが、キャストがシーズンごとに変わり、医療の最新技術も、1年ごとに進歩するわけでなく、最近は、時事ネタばかりでしたから、マンネリ化してたので、昨年休んだのさ良かったのかもしれないですね。また近いうちにやるでしょう。

 まあ、最後に、白い巨塔が今回やりますが、過去に、フジの田宮版、唐沢版、いろいろやりましたが、今回は、テレ朝の白い巨塔ですが、リメークするたびに視聴率が下がっているので、今回限りになるのではないかと個人的に思っています。フジも、よく昔のリメークものをやりますが、上手くいかないですね。作家さんにとっては、新作をやって欲しいですね。これは、他の某2サスにもいえるわけですが…その話は、まあ後ほど。まあ、こんな感じで、医療ドラマについては終わります。次の予定としては、突然飛び込んできた稀勢の里関係、もともと予定してたひろしま駅伝について簡単に書いていきます。

その次のストックもありますが、まあそれはまた後ほど。

 

 

 

ニューイヤー駅伝2019について

1区は、例年通りのスローペース。ヤクルト高久が出て、九電工の中村が最終的にスプリントで勝った感じ。2区は、最初九電工のコエチが飛ばしますが。オーバーペースだったので、2位集団が近づいてきて、愛三工業ケモイが抜け出します。3区は、旭化成の鎧坂が後ろから追ってきたが、スバルの枚が最終的に粘った感じ。4区は、井上が絶好調で、MHPSがトップに立ちます。5区は、旭化成の村山謙とトヨタの服部勇が牽制したので、差は広がりました。6区は、市田宏が後半上げて、トップを奪い返しました。7区は、旭化成六野MHPS岩田のスプリント勝負になり、力の差で勝った感じかな。

 旭化成は、今回の優勝で3連覇したけど、本来の6割くらいの力しか出なかった感じがする。2区のアブラハムは、怪我の影響で、区間10位と伸びず、4区では、市田孝が後半失速、市田宏と、鎧坂の快走で、優勝をもぎとった感じかな。来年は、どうなんでしょう。オリンピックも近いということもあるし、ベストメンバーが揃うことはあるのでしょうか。優勝候補の1番手ではあるけど少し不安ですね。

 2位は、MHPSでした。普段の120%近く力を出したでしょうね。井上よ頑張りが大きかった。6区木滑の部分で、力の差が出た感じ。ただ今回の成績は、大健闘といっていいはず。

 トヨタは、4区の最長区間での藤本の失速が痛かったかな。スバルは、6区まで5位と入賞圏内で、アンカーが、区間28位で、一気にシードーナツ圏外に、力はつてきたので、シードに入る日も近いのかも。

 その他で目立った選手といえば、トヨタ九州の今井ですね。前半集団について最後抜け出す。全盛期のスピードはなくなりましたが、駅伝は上手い走りしますね。

 驚いたのが、マツダの延藤。大学時代より速く、強くなってますね。今回チームとしても、7位ですし、今後上位脅かす存在になりそう。

 まあ、こんな感じで、来年も、優勝は、旭化成が有力ですけど、他のチームもですけど、オリンピックシーズンで駅伝回避するランナーが出て来てもおかしくないので、わからないですね。富士通は、塩尻が加入するらしいけど、上積みにはなるだろうけど、優勝は厳しいのではと思う。彼自身障害の選手でもありますしね。彼は、長距離に専念した方が良いと個人的に思っていますが、どうなんでしょう。

 

今後は、ひろしま駅伝まで書く記事は、ない予定ですけど、尚志の快進撃はどこまでいくのでしょうか。青森山田を破って、決勝まで来たら凄いだろうね。

 

 

箱根駅伝について2019

引き続き今年は、少し簡単に書いていきます。東海大学が初優勝しました。中井・伊達・佐藤の時代から、湘南の暴れん坊とかいうニックネームをつけられて出雲を3連覇していて、村澤・早川の時代でも、予選会落ちをしてしまうなど実力通りの結果を残せなかったので、やっとという感じですね。7区阪口と8区小松が良かったですね。東洋としては、その2区間で勝負を決められてしまった。東洋は、復路に駒の枚数が足りなかったということでしょう。11年連続3位以内は、素晴らしい成績ですね。来年以降は、往路は、4人残りますが、それ以外の下級生は、心配ですね。ただ、箱根には合わせてくるでしょう。

 東海大は、山要員と黄金世代も残るということで、調整が上手くいけば、優勝候補の1番手ということは間違いないでしょう。

 青学大は、ほぼ想定通りのレースを進めたと思いますが、4区と5区で誤算があったのかなと思います。4区と別な区間をもし入れ替えていたら、ここまでダメージはなかったのかもしれません。復路では、小野田、吉田、林は、区間賞の見事な優勝。優勝争いできる戦力はあったのでしょう。やはり流れですね。来年も優勝候補の2番手ですが、神林、w吉田辺りが伸びて欲しいですけどね。やはり監督がタレントのように出てては勝てないよね。2月~4月頃のテレビ局の露出度はかなり凄かったからね。まあ、お灸を据える意味でもよかったのではと思う。

 その他で、山区間で活躍した大学は、国学院大の浦野と、順大の山田、法政の青木この3つの大学は、シード圏内で来てますね。

 東京国際大は、タイタスの起用が当たりましたね。2区伊藤、3区真船も踏ん張ったのですが、5区区間21位で厳しくなってしまったなあ。

 同じく国士舘大も1区住吉で踏ん張って、2区ヴィンセントで首位に立つのですが、4区の戸澤の区間22位が痛かったなあ。

 拓殖と中央学院大は、上手くレースを進めた印象。早稲田は、全体的に調子が合わせられなかったかな。明治は、坂口が今回も結果残せず、復路21位。高校時代から名前聞く人が多い中で、この結果は、少し残念かな。

 

まあ、こんな感じで、それと、順大塩尻は、富士通にいくようで、ニューイヤーの方も富士通は強化されそうだな。

全国高校男子駅伝2018について

今回は、男子と女子に分けて書きました。男子は、倉敷が2年ぶり2回目の優勝をしました。

やはりポイントは、6区倉敷の石原が最初から飛ばしていって、世羅の北村を抜いていった場面ですね。あそこがやはりポイントだったのかなと思います。それで、アンカーの井田が貯金を生かして落ち着いたレースをした感じでしたね。倉敷は、キプラガットも残るだうし、(キプラガットは、短い距離向きな感じもしますが)石原も残るだろうし、優勝争いは、出来てくるのではないでしょうか。

世羅は、4区で、ムワニキがカロキの区間記録と並び、トップにたちますが、やはり6区の30秒つけられたのが、痛かったかなあ。来年は、おそらくムワニキももっお良い記録を出すだろうから、日本人の底上げをしていかないと勝てないなあ。

 3位は、学石。120点くらいの本当に今まで一番のレースをしたと思う。1区から4区に強いランナーを並べる前半型が本当にはまったと思う。その中で、比重が大きく占める3区松山、4区横田がベストパフォーマンス。松山は、区間4位、横田は、留学生についていき昨年より30秒縮める区間2位の快走。タイムも2時間2分台という歴代10位の記録。素晴らしい結果でした。今年は、出来すぎで来年怖いけど、来年は、横田(青学進学っぽい)がぬけますが、入賞圏内には、来るのではと思います。

 今年優勝候補とされた佐久長聖は、波にのれなかった印象。八千代松陰は、7位と健闘した印象。埼玉栄は、1区白鳥も区間賞ですし、全体的に積極的なレースをしたかなと思う。仙台育英は、1区の出遅れが響いたかな。今回は、こんな感じで。世羅は、ムワニキがあと2年使えるのは大きいなあと思う。

箱根駅伝は、今年は、簡単にまとめるか書かないと思うので、次は、箱根駅伝か違うジャンルの記事を書こうかなと思っています。高校サッカーまでは今年はそこまで見る余裕ないので、そんな感じになる予定。

全国高校女子駅伝2018について

基本的に去年と同じです。女子は、神村学園が初優勝しました。

 

女子は、2区に留学生ムソニでトップに立ち、仙台育英は、逃げきりを狙いますが、5区で、後ろから追ってきた神村学園タビタが凄かったですね。15分6秒と区間記録には及ばないながらも、去年の記録より、30秒縮めたわけですからどれだけ凄いかが分かりますね。大分東明のマカヤも区間2位。倉敷のムカリが区間3位。今後こういうアンカー起用も増えてくるかもしれないですね。

 その他走った中で目立ったのは、長崎商の廣中さんですね。最初抑えて入ったので、区間記録から10秒遅れてしまいましたが、早めに飛び出して最後まで落ちないっていうのは見てて、素晴らしいと感じたし、つけたのが光が丘女子の藤中さんだけであったのも残念だったなあと思いますね。

 また、興譲館レベッカさんは、区間記録にあと一歩ですし、順位も押し上げたので、来年も期待出来るなあ。

 

チームとしては、長野東の全員区間1桁で、準優勝ですし、安定した強さがあったなあ。ただ、2人の2年生しか残らないのは、来年以降不安材料かな。

 

大阪薫英女学院は、村尾さんが2区区間14位を含め波にのれなかった印象かな。

 

 

 

過去作のドラマについて

 今回は、過去に作られたドラマについて書いていきます。

 テレ朝の最初の木8である木曜ミステリー枠です。昔は、時代劇枠だったのですが、1999年にミステリー(刑事ドラマ・推理ドラマ枠)になりました。

 最初に作品として放送された京都迷宮案内は、10シリーズまで放映されました。橋爪功さんと国生さゆりさんの掛け合いのパターンが面白かったですね。このパターンは、後に、ドラマ化されるおみやさんなどでも共通していますね。京都迷宮案内は、視聴率が落ちたとかそういうことはなかったのですが、2009年のスペシャルを最後に新作が放送されていません。橋爪功さんも今年77歳。単発ドラマでも復活は難しいでしょうね。

 次に、おみやさんは、石ノ森章太郎の原作で、渡瀬恒彦さんと櫻井淳子さんで、8回ドラマ化されました。櫻井淳子が降板後、京野ことみさんが代役で、第9シリーズが製作されますが、その後は、また相棒を変えて貫地谷さんが起用されてスペシャル版が製作されました。渡瀬、櫻井コンビが解消したのが大きかったかと思います。渡瀬さんもお亡くなりになり、このシリーズの復活は絶望的になりました。

 木ミス3作目としては、京都地検の女ですね。名取、蟹江コンビと、渡辺いっけいさんのバランスが良かったですね。第5シリーズから加入したコワモテ風の寺島進さんの加入も良いスパイスになったかもしれません。このドラマも蟹江さんの死去で続編は難しくなっています。このドラマは復活して欲しいと思うのですが、どうなんでしょうか。

 このように、ここ最近このドラマ枠で、シリーズ物が続々と終わっています。視聴者の高齢化によって視聴率も下がってきました。この危機に、捜査一課長を土曜ワイド枠から持ってきたり、科捜研の女を2クールにしたり、遺留捜査を京都舞台にするなど、対策を講じていて何とかという感じですね。

 今回1月期に、沢村一樹主演で、刑事ゼロを放送するようですが、何とか上手くいってほしいですね。ただ、新作は、最近は失敗してるんだよな。船越さんの2つのドラマも定着しなかったしな。刑事110キロも最初は、良かったけど、勢いだけだったなあと思う。

 次回もこんな感じで、書くけど、ここまで特定の枠っていう感じじゃなくなるのかもしれない。