読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017年夏場所白鵬の復活か。

白鵬が全勝優勝しました。相手をよく研究して負けない相撲を取ってました。途中攻め込まれる場面もありましたが、強引に押しに行って勝ちにいった相撲もありました。

 今まで稽古をやりすぎて怪我につながってたのかもしれません。年齢とともにあった調整をしていくことは大切かもしれません。

 

 日馬富士今場所の途中まではかなり速いスピード相撲を見せてくれました。電気治療などで膝を治療していたのですが、終盤持ちこたえられなかったのかな。

 

 照ノ富士ずっと怪力で押していく相撲が目立ちました。同タイプとして碧山かな。こういうスタイルもありだと思うのですが、25歳で膝の状態がこれだけ悪いとなると、ちょっと心配ではあります。それでも12勝は立派なものです。

 鶴竜横綱の相撲ではありませんでした。途中休場でした。投薬治療で怪我を治していくとしていますが来場所までどこまで良くなるかでしょうね。

 琴奨菊調整が上手くいっていない感じがしました。ようやく10日目の稀勢の里戦で鋭い攻めを見せました。小結に陥落すると思いますが、また這い上がって来て欲しいなとは思う。

 

 稀勢の里得意の形で、相撲を取れる状態ではなかったと思います。序盤は、格下と当たる組み合わせですので、何とか乗り切りましたが、前述したように、琴奨菊戦が休場を決断する取り組みになったかな。貴乃花みたいにはなって欲しくないなあ。

 

 高安は、番付の下の力士にほぼ負けない安定感がある相撲を取ってました。個人的には、もう一場所見てもという感じはしますが、大関昇進は、確実でしょう。

 

 小結から前頭5枚目の力士が、ほぼ負け越し。上位と前半で当たるので仕方ない面もあると思いますが、毎回これではと思っています。その中で御嶽海、嘉風、正代は、勝ち越し。正代、御嶽海は、上を目指すためにも来場所期待したいですね。

 

 玉鷲、嘉風35歳以上で、少し前の豪風のような存在だと思うけど、大関昇進は、きついと思うけど、今後頑張って欲しいですね。

 

 最後に、宇良が、ようやく上位に上がってきます。3役に今までの相撲が通用するのか興味深いです。おそらく壁にぶち当たると思いますが、時間をかけてでも上位には定着して欲しいなとは思います。

 

 

 

日本プロについて

男子ゴルフの日本プロについて書いていきます。宮里優作が2週連続優勝しました。ある意味では、沖縄特有の芝を攻略したと言えるのかもしれません。もともと良いショットに加え、パットが決まっていたことが優勝の決め手になりました

 谷口徹は、最終日パットが決まっていれば、もしかすると期待しましたが、特に何番のパットというつもりないけど、17番の長いバーディーパットを入れただけに、16番のパットは残念でした。

 まあ、特にあげれば、この2人だけかな。前半から宮里優作がリードしてて、他の人があきらめたというかそんな大会だったね。それはしょうがないのですけど、まあもっと勝利の執念を見せて欲しかった。アマチュアのコンペじゃないのだし。

 今平は、18番のイーグルパットは、読み違えで残念でした。初優勝近いと思うし、一気に2勝くらいしてもおかしくないけど、パットに課題かな。

 具体名をあげるつもりないのですが、無理して狙う昔のギャンブルゴルフでは優勝は、見えてきませんし、何日間かビックスコアだしても、自分は、評価しない。

 

 今回の放送は、男子選手にとって甘かったなあ。解説が丸山で、中堅ゴルファーがお友達で厳しいこと言えないの分かるけど、男子ゴルフあまり見ないうちに、レベルが落ちた印象がした。

 

まあこんな感じで、しばらくゴルフについては秋まで書かない予定。

 

 

 

ワールドサロンパスカップ

ワールドサロンパスカップについて。キムハヌルが優勝しました。日本人が優勝しない大会については悔しさしかないな。

 

まあ優勝した理由として、一つ目は、ティーショットが安定してたことと、二つ目は、前半の早い段階でリードできたことでしょうね。

 

今回みた中では、キムハヌルは、アプローチについては昨年よりは良くなっているかな。

パットについては、15番と16番のパットは難しかったけど、外し方みると読みきれてないパットのように感じた。

他が崩れただけで、無双の強さっていう感じはしないんだよな。強い時は、強いけどっていう感じ。

 

レキシートンプソンは、随所に素晴らしいショットあったけど、自分自身納得しないショットが多かったよね。連覇は狙っていたけど、前半伸ばせなかったのできつかったかなあ。世界ランク5位の選手が来るだけでありがとうという気持ちで、来年どうだろうなっていう感じもする。

 

川岸さんは、飛距離は、、トンプソンの飛距離を超えるショットもあり、これだけで爪痕残せたし、トンプソンにとってはびっくりしたと思うけど、これは練習あるのみだろうけど、セカンド、アプローチ、パットもう一つだったなあ。ちょっとがっかりしたなあ。

 

今回は、コース狭くて、飛ばし屋には有利とかなかった感じがする。それで今の時点で強い選手が上位に来たかな。まあそんな感じ。

 

それと、岡山さんのアゴに当てるプロではやっていけないプレー。賞金30位台の人がこんなプレーしてると、女子ゴルフは選手が入れ替わるの分かる感じがする。

 

まあこんな感じです。次回は、男子ツアーについて書いていきます。世代交代して、新星が出つつある状態がここ数年続いているけど抜け出せないね。

 

 

 

 

 

川奈について2017

吉田弓美子が優勝しました。いろいろ勝った要因はあるだろうけど、16番奥のラフからのアプローチショットと17番崖に落としてのあの長いパーパットを入れたところですね。

それだけグリーン周りのプレーが他の選手より優れていたという点にあるでしょう。

 

背中の痛みがありながらのプレー、15番のティーショットは痛そうにしてましたし、プレーオフまでもつれたらと考えると心配ではありました。

まあ、この優勝で複数年シードもらえると思うので、ゆっくり休んでくださいとしか言えないな。

 

2位の藤本麻子さんパットは良かったし、ショットも悪くなかったし、あと一歩でした。

今回は、吉田さんが良すぎたね。近々2勝目も来るでしょう。

 

松森彩夏随所に良いプレーはあったけど今一つ。

 

堀琴音精神面が課題かな。2日目の後半からパットが極らない感じで、最終組の中で一番いいところにつけて13番の3パット。

14番は、前の人と同じラインのバーディーパット外す。

馬場ゆかりさんが30点と言っていたアプローチあったけどグリーン周りが全然駄目だった感じがした。

 

まだ若いので練習すれば何とかなると思うけど、期待が大きいだけに、批判も強くなるね。

 

川奈の天気の条件が良くて、今回は、ニケタアンダーが出たので、もっと難しくしてもいい感じがする。

 

川奈で勝てることは、一流ゴルファーと認めてもいいと思う。

まあ、こんな感じで、こちらに割ける時間少なくなっているので、箇条書きみたいになってるのが反省点。

 

マスターズについて2017

ゴルフのマスターズについて書いていきます。今年も初優勝者が出ました。

 

セルヒオガルシアです。

マスターズ19回目の出場での優勝は、最も遅い記録になるようです。

ここ数年は、上位にも顔を出しており、見かける場面が多かったです。

世界ランクは、11位であり、実力がありながらあと一歩という選手でした。

勝因は、13番の右の樹木の方向に、いきながらアンプレヤブルを宣言し、見事リカバリーパーだったところですね。

相手のJ・ローズは、2オンしながらスリーパットでパー。

ここからガルシアが切り替えたことじゃないでしょうか。これ以降ティショットが曲がらず、アプローチをピンを捉えるショットが多かったです。

 

Jローズは、15番のティショット以降背中を痛めた影響で、ドライバーはどうしてもフルショットしないといけないので、ドライバーが曲がりぎみになってましたね。またパットの時つらそうにしてました。

 

Jローズとしては、72ホールで決めたかったところ、17番と18番のパットが悔やまれるかな。

プレーオフは、もう限界だったのかな。ただそれまでは良いプレーをずっとしてましたね。

 

ガルシアも、18番は、右に抜けたのは決めて欲しかったなあ。こういうグリーン周りの一番重要なショットが出来てなかったから優勝から遠ざかっていたのだろうな。最近でいうと穴井詩みたいなタイプだったのかなと。

爆発力はあるけど、プレーが粗いみたいな。今後メジャーうまくかみ合えばまた優勝するだろうけど難しいのじゃないかなとも感じた。

 

まあ、松山英樹はもっとできるはずと思っていたので残念。前にもちらっと書いたけど、彼はドライバーの打ち分け。ロングアイアンの刻みのスタイルで勝負していくと思うので、今回は、ドライバーの打ち分けが出来ていなかったと感じました。

 

彼の場合は、チャンスはあるはず。

 

まあ、今回はこんな感じで。削ったけど説明が多くなっているかな。

 

 

 

 

 

 

2017年選抜大会について

今年は、ストライクに苦労する投手が多く、コントロールに長けた投手は、数人しかいなかった感じがします。それと打撃戦になるチームが多く、打高投低の大会でした。

 

良かった選手は、後半復調の安田、強肩で目立った古賀、きれいなフォームで投げる三浦、清宮の4人ですね。もの足りなさを感じたのは、仙台育英西巻。言われているほど守備がうまくないのだよな。

 

注目試合として4試合とりあげていくと、東海大望洋滋賀学園ですね。東海大望洋の金久保投手14回218球、滋賀学園棚原14回192球は、投げすぎだと思うし、特に金久保投手のテイクバックの小さいフォームの投げ方は負荷のかかりそうに見えました。

180球を目処に球数制限を設けてはと思いました。

 

2つ目として、福井工大福井仙台育英の地区校1位の試合は、仙台育英福井工大福井の守備の隙をついた走塁は見事でレベルが高い試合でしたけど、8・9回仙台育英の長谷川投手の球威がなくなったとこで、捉えられて福井工大福井に勝ち越されそのまま逃げ切り勝ちでした。

たらればですが、継投してれば仙台育英は勝てたかもしれませんが、西巻が投げられないことは大きかったのかな。

 

やはりインパクトで凄かったのは、初回に、6点ずつとった大阪桐蔭ー静岡戦。

途中から静岡の投手のストレート攻めに、大阪桐蔭打線がつまらせられます。

8回球威が落ちた静岡の池谷投手から代打西島選手が逆転タイムリー。

凄い試合でしたね。先発投手の起用ミスをチーム全体で取り返しましたね。

ただ長身の横川は、来年エースになれる素材と見ました。

根尾は、素質はあるのだろうけど状況に応じたバッティング、投手としてはもう少しストライク入らないと厳しいだろうな。ただプロに入るとしたら直接でしょうけどね。

準々決勝は、一方的な試合が多かった感じがするので準決勝。

秀岳館大阪桐蔭。両チームチャンスを作っていたけど、チャンスをものに出来たか出来てないかの差で大阪桐蔭が勝ちました。

それと大阪桐蔭の守りは堅くチャンスで内野を抜けない感じはしました。

秀岳館の2枚のエースは、レベル高いと思うし、もうちょっとなのだよね。

夏は、もう一段上のチームを作ってくれるでしょう。まあこんな感じで少し分量多かったかな。