ニューイヤー駅伝2022について

今年も例年通りにポイントを絞って書いていきます。昨年1年は体調面で悪い部分が重なりましたね。来年以降は上向きになるように頑張りたいものです。

 ホンダが優勝しました。4区伊藤が区間5位、5区青木が区間2位とこの2区間を押さえられているのが大きいし、6区中山、7区土方の区間賞と強かったなあという感じですね。

対照的に前年優勝の富士通は、最長区間4区の中村の区間26位が最後まで効いてきたなあ。

スバルは、5区照井の区間3位、2区キプランガットの区間賞、7区口町の区間4位と来年以降も楽しみですね。

旭化成は、市田で出遅れ、三菱重工も、6区吉岡が区間17位と1区間で決まってしまった感じかなあ。

黒崎播磨。田村、細谷、土井の区間上位が大きかったなあ。

その他に活躍したのは、1区YKKの森山、九電工の舟津、3区三菱重工の林田、NTT西の小林、4区安川電機古賀、7区SGの三上。

最後に、レース展開としては、3.4区の林田、井上で決まったと思ったんですけどね。ホンダ青木で詰めて中山でトップに立って、最後土方に口町が追ってきたんだけど、土方が冷静だったなという印象かなあ。ホンダは設楽が補欠の中での優勝は今後にとってもかなり大きいと思いますね。

次は、箱根駅伝ですね。

全国高校駅伝2021について

今年も昨年同様書いていきます。昨年よりはかなりポイントを絞って書いていきます。

まず女子から、仙台育英が優勝でした。1区から3区まで区間賞。4区は区間2位、5区は区間5位と上位でレースをし、ミスがなかったというのが大きかったでしょう。1区で米澤が飛び出し、常磐並木以外つけなかったというので、もうほぼ決まったといっていい、女子のレースは前半型重視のレースといえます。

 立命館宇治は4位。1区区間2位の村松さんは追っても面白かったと思う。全員が区間一桁でまとめた感じ。

 大阪薫英は、全て区間一桁で、特に5区の水本が大きかったのでは、4人が2年生で来年はかなり楽しみですね。

 安城学園は、1区区間8位、4区区間6位と区間上位でしたが、その他の区間がもっと良ければ、後30秒前後で入賞圏内に届いたかもしれないですね。

 神村学園は、最初が課題となっていますね。ただ、1区でもう少し前にいても、今年は、仙台育英が強かったので届かなかったでしょうね。やはり留学生頼みではなく、個々の力を上げていかないと今後も仙台育英の天下になりそうな感じがします。

その他個人的に目立ったのは、2区須磨学園の道清、諫早の水谷、3区の諫早の川口、5区の興譲館のワングイ等かなあ。

 男子は、世羅が優勝しました。やはりコスマスで11秒しか離せなかった後の4区吉川の粘りが大きかったと思います。後私が考えている1.3.4.7を区間上位で走るということも出来ていた完璧なレースでしょうね。(4区以外は、区間賞ですし) 

仙台育英は、3区で1分20秒離されてしまったのがなあ。悔やまれるなあ。

洛南は、佐藤圭汰は別格でしたね。今回のことをきっかけに今後こういうランナーが複数出て来て欲しいなあ。後半波にのれなかった感じするけど、区間二桁は、5区の短い区間のみで大きなミスをしている感じではないんだよな。

学石。今年の戦力だと入賞は厳しいと思ってましたが、8位入賞と上出来な結果。1区山口が上手く乗り切り。3.4区で上手く粘って、5区宍戸の距離適正と、アンカー山崎が区間3位と上手く配置した印象かな。

その他個人的に目立ったのは、1区仙台育英吉居、八千代松陰綾、4区洛南宮本、5区東農大二瀬間、5区秋田工大野辺りかなあ。

まあこんな感じでしょうか。今後のこと書いていくと、ニューイヤー駅伝箱根駅伝とも、天候悪いし、スローペースになりそうな予感はします。箱根は、キーマンは、岸本と横田でしょうね。彼らがしっかり走れれば、優勝はみえてくるとここ数年ずっといってる感じはするからなあ。

 

 

今年ブレークする俳優・女優予想。2021年10月

前回から10ヶ月程度たっていますので、今年も書いていきます。コロナでドラマ・映画が減っている中で、今年もなかなか選ぶのが難しかったですが、個人的な好みも考慮した上で書いていきます。

まず男性1人目として、鈴鹿央士。広瀬すずがスカウトしたということで少し前に話題になりましたね。蜜蜂と遠雷ドラゴン桜の主人公のライバル役。映画公開も最近増えてきたということで選びました。

男性2人目として、渡邊圭祐。推しの王子様では、主人公の相手役。恋はDEEPでもメインキャストとして出演で、今後露出機会が増えてくる感じがします。

女性1人目として、志田彩良ドラゴン桜では優等生役。最近の映画では、先ほど挙げた鈴鹿央士と共演。今後伸びてくる感じはします。

女性2人目として、畑芽育。ハコヅメでは、ゲスト出演。大河ドラマ青天を衝けにも出演。今後ブレークが期待されます。

こんな感じでしょうか。今年は、この4人以外にみあたらなかったので、他の候補はあげない感じで簡単に終わらせます。次回のブログのテーマはやはり高校駅伝でしょうか。

一言先日松坂の引退がありました。彼についてのブログもそのうち書けたらと思います。

 それだけ出てきた時のインパクトが凄かった。

 

斎藤佑樹が引退

遂に斎藤佑樹が引退ですか。このブログの題名であるハンカチ世代は、彼の高校時代の活躍からとったものであるので、思い入れがあります。

まあ、あまり書いてもあれですが、やはり大学下級生の時は、素晴らしい投球をしていましたが、上級生の頃は、球が走ってなかった感じがしました。あの3投手ばっかり投げていたからなあ。大石も活躍しなかったし、福井は、9勝の年もあったけど、成績安定せず、今は中継ぎ。やはりある程度投球数、登板間隔は管理しなければならないのかなあとは思っていますね。

まあ、こんな感じで簡単に。そういえば、最近は、野球のこと全く書くことなくなってしまいましたね。

 

 

2021年夏の甲子園について 後編。

日大東北についてノーゲームになった試合5回まで上手く吉田が投球していたので、あのままいってくれればなあ。再試合で、1回にエースと4番失ってばたばたした感じ。県大会でも懸念してたけど、馬場が野手として出場しているので、投球練習できないのがなあ。痛手になった感じ。堀米よく投げましたけど、3巡目に捕まったなあ。

その他では、東北学院の伊東は球の出どころの見えにくいフォームで、相手のタイミングを外していましたね。静岡の鈴木はチェンジアップが良かったですね。新田の向井は相手の打ち気を逸らす上手いピッチングでした。

注目の明桜風間については、初戦は、リリースポイント一定ではなく、再試合は、粗さも慎重さが両方みられるピッチング。明徳戦は、球を、結構投げさせられたなあ。6番の打順で、チャンスに回ってくるのも負担だったかなあ。ドラフト上位に消えると思うけど、出てくるまで4.5年はかかりそうだなあ。

日本航空ヴァデルナは、左サイドからの投球で、左打者は背中側から来るから打ちづらい感じがしたなあ。特に智弁学園打線は苦しんでいたなあ。

日大山形は、走塁面に課題が残ったなあ。

松商学園は、栗原、今井、渡辺の3投手とも良くて、良いチームだったなあ。こういうチームを作り続けていれば、強い松商がかえってくるのではと思う内容でした。

今後のノーゲームの扱いが議論になりそう。継続試合が一番の最善だけど、雨天中止続いたら他の球場を押さえるなどの対応は必要かもですね。後1回戦の間隔が長いのも問題で、高校サッカーみたいに、複数会場でやることも検討しないといけないですね。

優勝チームは、智弁和歌山。投手5人で疲労を分散できた。他のチームより1試合少なかったことも大きかったと思います。後細かい走塁のプレーが徹底されているなあと。

 智弁学園は、選抜以降西村、小畠以外の投手が台頭せず、+αがなかったことも優勝を逃した原因かなあ。両チーム完成度は高いチームでした。来年度以降予想しても、まだ分からないわけであるし、今回は、少し長くなってしまったけど、この辺りで。

次回は、分からないけど、駅伝シーズンですかね。

2021年夏の甲子園について。前編

打撃のチームが多かった印象です。ただ、最近のような振り回すような感じではなく、日大山形、聖愛、明徳、高松商等1点を取りに来る堅実な野球をしてくるところが多かったなあ。こういうところに今後回帰していくのかなあ。

注目された試合をみていくと、横浜ー広島新庄。6回の花田から西井の継投は上手くはまりましたが、9回の秋山の交代は、準備出来てなかったのでは、秋山の変化球が浮いてましたね。それでストライクを取りに来た時に横浜の緒方に逆転3ランで決まってしまいましたね。

明豊ー専大松戸

専大松戸の深沢が、良いピッチングをしたなあ。ただ、明豊は、ゴロになる球打ったりして助けた部分はあったなあ。専大松戸は、序盤のダブルスチールから、主導権を握り。2アウト3塁から高めに浮く球と、ストライクを取りに来る球で得点を重ねていったなあ。

明豊の投手が高めの速球と低めの変化球で勝負するタイプなので、上手く専松打線に対応された感じですね。

県岐阜商明徳義塾

6回のノーアウト3塁の左サイドでトルネード気味の吉村の投入が大きかったですね。あれで流れが変わった感じかなあ。1年生の岸を投入とか、福を大阪桐蔭で先発とか奇襲をやってくる監督ではあるけど、上手くはまっていくんだよな。6回裏のレフトとセカンドのミスも流れが明徳にいった感じかと。県岐阜商は、選抜のスタメンからこの2ポジションは、違う選手。固定できなかったことが裏目に出た感じかなあ。

最後は、変えたレフトの選手のタイムリーで、追い付きますが、最後小西が力尽きた感じがなあ。

明徳義塾智弁学園

とりあえずポイントだけ書いていきます。6回前川の牽制死などずっと明徳に流れがいっていた試合でしたが、7回の米崎のレフトフライなどチャンスで1本が出なかった感じ。

9回も一時勝ち越し打の後、米崎の併殺打。馬淵さんなら、9回で吉村を変える選択あったけど、この日は動きが少なかった。思いっきりの良さが馬淵さんの良さなんだけど、吉村がこの日は一番の投球をしていたので変えづらかったかもですね。