読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本プロについて

男子ゴルフの日本プロについて書いていきます。宮里優作が2週連続優勝しました。ある意味では、沖縄特有の芝を攻略したと言えるのかもしれません。もともと良いショットに加え、パットが決まっていたことが優勝の決め手になりました

 谷口徹は、最終日パットが決まっていれば、もしかすると期待しましたが、特に何番のパットというつもりないけど、17番の長いバーディーパットを入れただけに、16番のパットは残念でした。

 まあ、特にあげれば、この2人だけかな。前半から宮里優作がリードしてて、他の人があきらめたというかそんな大会だったね。それはしょうがないのですけど、まあもっと勝利の執念を見せて欲しかった。アマチュアのコンペじゃないのだし。

 今平は、18番のイーグルパットは、読み違えで残念でした。初優勝近いと思うし、一気に2勝くらいしてもおかしくないけど、パットに課題かな。

 具体名をあげるつもりないのですが、無理して狙う昔のギャンブルゴルフでは優勝は、見えてきませんし、何日間かビックスコアだしても、自分は、評価しない。

 

 今回の放送は、男子選手にとって甘かったなあ。解説が丸山で、中堅ゴルファーがお友達で厳しいこと言えないの分かるけど、男子ゴルフあまり見ないうちに、レベルが落ちた印象がした。

 

まあこんな感じで、しばらくゴルフについては秋まで書かない予定。