読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニューイヤー駅伝について

旭化成が優勝しました。市田兄弟の走りが優勝を引き寄せた感じでした。久しぶりの優勝になりますね。

ただ良くなかったのは村山紘太が一区で引っ張って足を使って後半失速した部分でペースメーカーみたいにされた部分ですね。

 

日立物流は、浅岡、ディクと想定以上のレースをしていましたが、エース区間の4区の区間賞16位は後の区間に響いたかなあ。どうしても選手層かな。

 

トヨタは、外人区間がさっぱりでした。あの区間がなければ、1分7秒差で終わったのですし、プレッシャーをかけることは出来たはず。

あと大石港与成長したなあという走りもありました。田中秀幸も昨年よりいい走りしてたしもったいなあと感じました。

 

DeNAは、後一人駒がいればという展開でした。

コニカミノルタは、神野が区間7位、宇賀地が区間25位と精彩を欠いた感じでした。

宇賀地は、ここで終わる選手ではないと思いますのでちょっとがっかりしました。

 

日清は、矢野が二年連続5区で、区間25位の失速。以前の強かった時の選手層は、今ないのだなと実感。

 

富士通は、若手を中心にして、良い感じで終わったと思う。ただこれが来年もうまくいくとは限らない。

 

それと、来年以降MHPSが台風の目になる感じ。万全であれば、旭化成トヨタ、ホンダ辺りと優勝争いは混戦になるはず。

 

また、今回も今井は、勝負所で仕掛けるのはうまかったですね。

今年は、こんな感じで、来年は、飛ばすかもうちょっと簡単にまとめるか工夫したいと思います。