読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

賞金王の強さ

男子ゴルフのことについて書いていきます。

今回は、日本には、珍しいリンクスコースであるJFE瀬戸内海コースで行われました。

このコースは、全英オープンのコースを真似したコースで、工場跡地を1991年に一から開発し、1998年からここで、日本の全英予選会を兼ねる大会が開催されています。

 

一時期よみうりCCに移されましたが、また再度開催地に戻っています。

 

日本のコースとしては、特徴的なコースです。

 

結果としましては、キムキョンテが粘って耐えて優勝しました。

 

実は、このコースでは、田中、今野、手嶋の3人の日本人しか優勝していません。

 

後半は、攻められるホールがなく、17番は、昨日のピン位置では、落とす場所があまりなく、難しいホールでした。

 

18番も2オンは、難しいホールでした。

 

やはり攻めるとすれば、15番かなと思います。

パー3は、14番は、途中にマウンドもあるし、結構飛距離があるし、グリーンも難しいし、16番は、二段グリーンですので、このホールは、パーで乗り切る必要があります。

 

イサンヒは、18番セカンドでグリーン手前につけながら、18番のバーディーパットは、すぐ左通過しましたね。あれは入れて欲しかったなあ。

 

今平は、15~17番よく耐えて、18番もマウンド付近の深いラフから出して、残り200をグリーン奥まで運んだのは、凄かったですね。

ただ、アイアンをグリーン外すことが多かったですね。もっと練習必要な感じがします。

 

 

キムキョンテは、15番のミスは、仕方ないでしょうけど、18番は、危なかったですね。2打目は、ただ出すのではなく、飛ばすことを意識したショットだったと思いますが、

もっと帆があるラフに、行ってしまいました。

そこから、上手くパーまで行きまして、優勝しました。

 

キムキョンテは、あまり飛ばさないんですけど、アイアンショットの切れは、素晴らしいですね。そこが強い部分のように思います。

高柳という新星が上位に入りました。今後が楽しみです。

 

全英オープンは、キムキョンテ、今平、谷原、イサンヒの4人が今大会で獲得しました。

 

男子ツアーについては、次回書いていくのは、かなり後になります。