読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦織世界ランキング1位の可能性②

 

 

錦織世界ランキング1位の可能性の続きです。今回は、より具体的に書いていきます。

上位について年代別に主な選手を分けてとりあげていくと、

 

BIG4 ナダル(29)・マレー(29)・ジョコビッチ(29)・フェデラー(34)

 

30以上 ワウリンカ・ツォンガ・フェレールベルディヒ

 

26~29 錦織圭

 

22~25 ティエム・ラオニッチ

 

21以下 フリッツ・西岡良仁・キリオス、ズブレブ

 

このようになります。錦織圭の今の状況ではラオニッチだと思いますが、怪我が多いので、今後順位を上げてくるまでは時間がかかるでしょう。

 

錦織に何が足りないのか。サーブは、上手くなりました。ディフェンス力も悪くありません。精神的なものが大きいのではないでしょうか。

 

BIG4の選手は、結婚しています。それなので、家族の支えということも大きいでしょう。

やはり一番は、やさしすぎる性格だと思いますね。遅くない時期に結婚という選択肢を考える必要もあるでしょう。

 

いくら選手生命が伸びているとはいえ、30代は、厳しいので、落ちてくる可能性は、あります。(錦織も例外ではない)

 

錦織1位の可能性としては、10%くらいでしょう。ただ錦織は、キャリアハイが近づいていることも確かなので、(もちろん晩生型の選手もいると思いますが‥)BIG4が落ちてくる他力本願の状況ですね。

 

下からの突き上げがもう少しあればいいのですが、(あわよくばシードを叩いてくれれば)

今現在はないですね。

 

フリッツ・キリオス辺りがグランドスラムで、上位に入ってくればいいんですけどね。

今回全仏オープン前の状況として書きました。錦織の今年の目標は、世界ランク上位が見える5位(できれば4位)で終わることでしょう。

 

今現在で、フェデラーが、全豪オープン前から1000ポイント近く落としているのが気になります。衰えなのか、怪我の影響でプレーが戻っていないのか気になりますね。

 

ジョコビッチは、衰えを見せていません。後5年位は、このままでいきそうな感じはします。

 

 

 

上の年代の表は、暫定版です。あくまで、これからの選手ということで書いていますので、ベテランの選手で意図的に抜いていることもあります。

 

 

なかなか若手が伸びて来ないですね。次テニスについて書くのは、しばらく先になると思います。