読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校サッカー準決勝

高校サッカーの準決勝について書いていきます。

東福岡ー星稜。東福岡2-0星稜。

 

守備が堅く、連携して動いていた感じがしました。星稜をゴール前に入らせず、スルーパスで、攻撃に素早く転じて決定機を何度も作っていたように思えます。

 

星稜は、中盤で、ボールをとられ、またゴール前での守備の連携も出来ていないように感じました。 

 

2バックの裏に走りこまれるなど、決定機を何回も作られましたが、キーパーがうまく防いでいたように思います。

 

点数以上に東福岡が優勢でした。

 

国学院久我山青森山田。 国学院久我山2-1青森山田

国学院久我山のパスサッカーが前半押していて、後半は、青森山田が優位に進めていた感じですね。

 

流れは、一進一退でした。国学院久我山がロスタイムこぼれ球をシュートし、味方が足に上手く当て、コースが変わり、ゴールを決めました。

 

青森山田神谷は、マークされてましたね。青森山田は、前半スローインでゴールを決めたのですが、前半多用したのはどうだったのかなと思いますね。

 

青森山田は、選手権優勝出来ないなあ。

 

国学院久我山ー東福岡の決勝になりました。好勝負を期待しましょう。

似たようなチームだと思いますね。ただ国学院久我山の予測不能のパスは、対策しづらいですね。