読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高校駅伝

女子は、大阪薫英女学院が初優勝を果たしました。

 

・エース高松望には、もう少し頑張って欲しかったですが、4区の前田。5区の加賀山が最初から飛ばしたのが大きかったですね。

加賀山姉妹が来年以降抜けるみたいですので、来年以降育成が重要になりますね。

 

 

・2位は、立命館宇治でした。2区安藤でトップにたつが、4区で、長谷川区間8位追いつかれてしまいました。

 

・3位は、優勝候補にも、挙げられた常磐でした。2区小林の出遅れがなければ、もう少し迫っていたかもしれません。

 

 1区岡本区間賞、3区樺沢は、区間2位評判通りの結果を見せてくれました。

後数枚有望な選手が加われば、優勝狙えますね。

 

 

・4位は、山梨学院大付属、5位は、青森山田。6位は、豊川。7位は、西京。8位は、神村学園。9位は、長野東。10位は、世羅でした。

 

 

・9位長野東、6位豊川は、序盤の遅れを取り返しました。 

 

豊川6区鷲見 梓沙さんは、区間賞の走りでした。 3年生らしく、進路に注目したいですね。 長野東 の2区の  玉城かんな、3区 清水彩音さんの2人で、 大きく順位を上げました。

 

初出場の白鴎大足利は、13位と健闘しましたが、4区までは、8位入賞ラインにいたわけですから、残念ですね。 5区が誤算でした。 

ですが、スポーツを強化しているので、数年後には、力は、発揮できるでしょう。

 

過去優勝経験のある興譲館は、15位でした。低迷と見ていいでしょうね。

 

タイムから、その他注目した選手は、 八王子の千葉伶選手。北九州市立の一紋野女選手。  旭川龍谷 の 田中愛里選手でした。

 

 

 

・男子は、世羅が3年ぶり歴代最多に並ぶ8回目の優勝でした。

カマイシで先頭に立つと、そのまま逃げ切り歴代4位のタイムでした。

 

 

2位は、佐久長聖、3位埼玉栄佐久長聖は、3区で、約1分20秒、4区で、約30秒。埼玉栄は、3区で、1分。4区で、40秒。2番目と3番目の最長区間で離されたことが敗因ですね。

 

 

4位は、過去最高順位秋田工、7人中5人が区間10位以内でした。

 

 

5位は、古豪の小林。6位は、2区前田の区間賞の貯金が多かった市立船橋

 

7位は、最近好成績の学法石川。もっと上は、狙えましたが、大エース的存在がいないので、健闘かな。8位は、愛知、

 

9位は、那須拓陽、10位は、前回3位の伊賀白鳳でした。

 

2回連続入賞は、小林6位→5位。 佐久長聖5位→2位。 世羅4位→1位。学法石川8位→7位の4チームになりました。

 

タイムから、その他注目した選手は、諫早の 坂口裕之選手、 和歌山北 の橋詰大慧選手、鳥栖工の古賀淳紫 選手、 西脇工の苗村隆広選手、 國學院久我山の 岡田望 、  西京 の渡邉貴典 選手、鳥栖工 の嘉村大悟選手、7区区間賞の水城 の中島公平 選手、  がいました。

 

 

鳥栖工は、区間上位が2人。8位入賞まで、1分6秒。1人1人が詰めれば、8位は、無理だとしても、10位には、入ったかもしれません。

 

一応自分なりにまとめました。今年は、今回で、最後になります。