読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島県大会ベスト16

福島県大会は、ベスト16が決まりました。

 簡単に過去記事について触れます。

 

日大東北ブロックは、後期まで、できるだけ、大和田を温存できそうな展開。学法福島、光南辺りが、不気味な存在。 

日大東北光南が勝ち抜きました。 日大控え投手陣は、岩城投手が登板しました。

大和田1人では、厳しい状況ですが、この1戦は、勝つでしょう。

学法福島も、注目するチームですが、残念でした。

 

会津工ブロックは、昨年秋のエースが、投げられるかがポイント。福島商、福島北の県北勢の不意打ちに合う可能性も。

会津工は、主将が、投手にコンバートしました。福島商、福島北が、勝ちぬきました。

 

田村ブロックは、会津4校の固まったブロック。その他のチームも、決め手がない状況。一番拮抗しているグループ。

会津は、全滅しました。 田村と白河が、勝ちぬきました。田村は、投手は、注目です。

 

須賀川ブロックは、須賀川が順当に勝ち上がりそう。白河実、田島などには、注意。

 須賀川の常松投手は、腰痛を抱えていたらしく、仕切り直しの試合後半から、乱れました。 白河実ー安達です。

 

聖光学院ブロックは、聖光ー小高工の一騎打ち。小高工は、菅野をできるだけ温存し、聖光にベストの状態で、当てたいところ。しかし、エース菅野のみ。打線の奮起が必要。 聖光相手は、岩瀬農は、あまりデーターがないので、番狂わせあるか。

 述べた通りになりました。聖光は、打力を強化し、約40点の得点があります。

小高工は、菅野次第になりますね。 小高工は、この試合勝っても、菅野がどこまで持つかという感じもします。

 

>福島ブロックは、エース2枚が万全であれば、福島有利。 打力の若松商も、注意。

前日勝っていたが、ノーゲーム。仕切り直しの試合で、勿来工投手が、抑える。番狂わせ。勿来工ー若松商。 若松商有利かな。

 

学法石川ブロックは、3枚の投手を擁する優勝候補。 只見、福島南は、力は、あります。 学石と最終的に当たるサブマリンがいる郡山もダークホースですが、本来のエースが復帰することが条件かな。 

注目するチーム只見は、学石と接戦を演じました。近々強豪私立を破るチームかも。

 学石ー郡山。郡山は、サブマリン投手攻略なるかという1点のみ。

 

>いわき光洋は、いわきの有力な中学生が集まったチーム。福島工は、持地擁する強敵チーム。昌平も、力のあるチーム。

素直に、いわき光洋を推していた方が良かったかも。エースは、サイドースローの大峯です。 投げられる投手は、複数います。

 

ベスト8 ◎日大東北、福島商、喜多方(3回戦敗退)、×須賀川(3回戦敗退)、○聖光学院、福島(3回戦敗退)、○学法石川、×福島工(2回戦敗退)と予想します。 

本命日大東北、対抗聖光、学石、大穴 須賀川(3回戦敗退)、福島工(2回戦敗退)と予想します。

 

3回戦は、ノーゲームが、悪い方にいってしまいました。会津地区が、集まっていたブロックは、会津学鳳、喜多方、葵の3つの内どの高校かを選ぶか決めていましたので、良かったと思います。