読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

福島夏高校野球の組み合わせ

福島の夏高校野球の組み合わせについて述べたいと思います。

予想通り大きく分けると、第2シードブロック聖光学院側が厳しいブロック。

第1シードブロック日大東北側が楽なブロックになりました。

 

日大東北ブロックは、後期まで、できるだけ、大和田を温存できそうな展開。半沢、荒開などの控え投手の踏ん張りが必要でしょう。学法福島、光南辺りが、不気味な存在。

 

会津工ブロックは、昨年秋のエースが、投げられるかがポイント。福島商、福島北の県北勢の不意打ちに合う可能性も。

 

田村ブロックは、会津4校の固まったブロック。その他のチームも、決め手がない状況。一番拮抗しているグループ。

 

須賀川ブロックは、須賀川が順当に勝ち上がりそう。白河実、田島などには、注意。

 

聖光学院ブロックは、聖光ー小高工の一騎打ち。小高工は、菅野をできるだけ温存し、聖光にベストの状態で、当てたいところ。しかし、エース菅野のみ。打線の奮起が必要。 聖光相手は、岩瀬農は、あまりデーターがないので、番狂わせあるか。

 

福島ブロックは、エース2枚が万全であれば、福島有利。 打力の若松商も、注意。

 

学法石川ブロックは、3枚の投手を擁する優勝候補。 只見、福島南は、力は、あります。 学石と最終的に当たるサブマリンがいる郡山もダークホースですが、本来のエースが復帰することが条件かな。 

 

いわき光洋は、いわきの有力な中学生が集まったチーム。福島工は、持地擁する強敵チーム。昌平も、力のあるチーム。

 

ベスト8 ◎日大東北、福島商、喜多方、×須賀川、○聖光学院、福島、○学法石川、×福島工と予想します。 

本命日大東北、対抗聖光、学石、大穴 須賀川、福島工と予想します。