読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日本陸上競技選手権

今週ゴルフの話題にしようかと思いましたが、地元で、陸上の選手権が行われていますので、そちらについて述べたいと思います。

女子3段跳びは、吉田麻佑が制しました。連覇を狙った郡山女子大付属の吉田文代選手は、惜しくも、敗れました。

 

女子400メートル予選は、千葉麻美さんは、突破できそうですが、杉浦はる香さんは、去年高校記録、日本歴代2位タイムを出したのですが、今年は、予選敗退でした。

 

女子10000Mでは、仏教大のエースだった西原加純選手が優勝しましたが、タイムとしては、世界と勝負出来ないんですよね。 勝てる選手が出てきて欲しい。福士、新谷がいなくなり、絹川も不調。

 

男子3000m障害で、箱根駅伝で、活躍した篠藤淳の名前が、大学時代から、障害もやってたのですね。元々障害の選手なのですね。

 

女子400mは、松本奈菜子が制しました。2年連続高校生が制覇しました。

 女子110mハードルは、紫村と木村文子の対決でした。木村文子の復活を印象づける優勝でした。ヘンプヒル恵さんも、これから伸びてくるのではないでしょうか?

 

男子10000mは、佐藤悠基が4連覇。もっと他の選手が責めないと。低調でした。

ハンマー投げの室伏は、もう達人の域でしょうね。  女子幅跳びは、福島大の五十嵐麻央が優勝。井村の後継者になれればいいですね。 

 

男子800mは、川元奨が、優勝。コンディション不良を考慮するとまずますの出来でしょう。女子400Hは、福大出身の久保倉が8連覇。

やり投げは、新井涼平が初制覇。ディーンは、脇腹。村上もどこか痛めていたようです。

男子100mは、桐生が初制覇。山県を破りました。女子100m、200mは、福島が2冠。土井杏奈も、100mでは、福島と紙一重の差でした。

 

こんな感じで、纏めました。記録は、全体的に、悪かったです。雨の影響があったかと思います。