読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大相撲夏場所

白鵬稀勢の里が1敗で並んでトップ。 今場所鶴竜が調子が悪いらしく3敗目。

日馬富士が、2敗で追う状況で、12日目を迎えました。

 

平幕で、2敗は、勢。3敗は、佐田の海など。その他の大関勢は、不振。

 

遠藤は、今場所は、勝ち越しの場所だけど、負け方が決まっているだけに、攻めのパターンを変えないと難しいのでは。

12日目直接対決で、白鵬がリード。稀勢の里日馬富士が2敗追走。鶴竜は、4敗目となるとこでしたが、豪栄道がまげをつかみ反則勝ちになりました。

平幕では、2敗勢のみ。その他は、4敗。琴奨菊は、7敗目。

千秋楽前日  稀勢の里-日馬富士の2敗同士の対決で、日馬富士の反則負けで、勝負は、決まった感じで、白鵬は、千秋楽で、日馬富士に勝ち、優勝を決めました。

稀勢の里は、千秋楽 鶴竜に勝ちましたが、残念でした。

勢は、千秋楽前日に、3敗目を喫し、右足に、不安もあったようですね。敢闘賞は、素晴らしいです。

白鵬1強に今後なるのかなと思わせる強さでした。スキがなかったですね。

遠藤は、結局負け越しで……。期待している力士であるだけに残念。

簡単ですが、こんなふうにまとめてみました。