ジャイアンツの事について

まあ、何から書こうか迷っていましたが、野球は、点取りゲームという人もいるけど自分は、投手が重要だと思っていますので、投手陣について書いていきたいと思います。一番重要なのは、やはり先発でしょう。今年頑張っているのは、菅野だけです。若手では、…

昨年度賞金女王の復調、韓国2強独占へ

アースモンダミンカップのことについて書いていきます。イボミが後続と5打差をつける圧勝でした。3日目終了の段階で、イボミとペヒギョンに優勝争いは、絞られたといっていいでしょう。ペヒギョンが、15番右のバンカーに外し、イボミが、15番バーディーを取…

新王者の誕生

ゴルフのメジャー第二戦全米オープンについて書いていきます。今回オークモントカントリーで開催されました。全米オープンでは、9回行われていて、他の大会でも使われることもある名門コースですね。特徴としては、グリーンが速いこと。パー3でも、長い距離…

賞金王の強さ

男子ゴルフのことについて書いていきます。 今回は、日本には、珍しいリンクスコースであるJFE瀬戸内海コースで行われました。 このコースは、全英オープンのコースを真似したコースで、工場跡地を1991年に一から開発し、1998年からここで、日本…

強い選手とは

ほけんの窓口レディースのことについて書いていきます。 申ジエの優勝で終わりました。 韓国人3人の最終組でしたので、この3人が他を引き離して優勝争いを展開すると思いましたが、その通りになりました。 日本のツアーなので、韓国人3人の最終組というこ…

世界との差は、縮まったのか

世界との差は、縮まったのか 女子ゴルフワールドレディースチャンピオンシップのことですね。 日本人と外国ツアーに参戦している方々が直接戦える大会の一つですね。 最初のメジャー大会です。 今年から距離が長くなった18番の520ヤードのパー5は、男…

川奈について2016

今回川奈のフジサンケイLは、大山志保さんが優勝しましたね。 最終日アンダーで回ったのが、14人。4アンダーが、大山、渡邉の二人。 大山さん後半は、ワンピンにつけていたし、オリンピックに出たい、優勝したいという執念を感じたなあと思います。 流石…

松山メジャー初優勝ならず

好位置でスタートしたゴルフの松山がメジャー大会初優勝はなりませんでした。 メジャー大会とは、マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロの4大会になります。 マスターズは、4月2週目、全米オープンは、6月中旬、全英オープンは、7月中旬、…

2016年以降今後の角界について

2016年以降今後の角界について 2016年以降今後の角界について書いていきます。 白鵬、日馬富士、鶴竜が今現在の横綱です。 千代の富士は、35歳、大鵬は、30歳で引退しています。 白鵬は、今場所良かったですが、引退が近づいていることは確かで…

錦織世界ランキング1位の可能性②

錦織世界ランキング1位の可能性の続きです。今回は、より具体的に書いていきます。 上位について年代別に主な選手を分けてとりあげていくと、 BIG4 ナダル(29)・マレー(29)・ジョコビッチ(29)・フェデラー(34) 30以上 ワウリンカ・ツォンガ・…

今後の予定について

予想記事らしきものを今まで放置してきたものが多かったのですが、今後どうしていくか書きます。 ・白鵬年間全場所制覇の可能性(2015年3月8日) 完全に外れました。秋場所の途中休場の怪我や、九州場所無理やり合わせた感じがします。初場所も、終盤…

都道府県対抗男子駅伝について

都道府県対抗男子駅伝について書いていきます。 愛知県が、田中秀幸で、上位に来て、最後山本修平がリードを保つトヨタ自動車のニューイヤー駅伝時と同じ展開で、優勝しましたね。 田中秀幸大学時代は、知らない選手だったのですが、実業団で、伸びたのでし…

都道府県対抗女子駅伝について

都道府県対抗女子駅伝についてに書いていきます。 今回は、群馬に注目してましたので、群馬について書いていきます。 樺沢・岡村を含めた高校生や実業団のヤマダ電機を含めた強化が最近実を結んでいます。 22位→13位→25位→16位→7位→2位→6位と来ま…

高校サッカー決勝について

高校サッカーは、東福岡が、5-0の圧勝で、国学院久我山を破りました。 東福岡と国学院久我山の実力差があったように思います。 序盤から、東福岡が、相手陣内で、プレーする時間が増えてました。 それは、何故かというと、国学院久我山が下がり過ぎてまし…

高校サッカー準決勝

高校サッカーの準決勝について書いていきます。 東福岡ー星稜。東福岡2-0星稜。 守備が堅く、連携して動いていた感じがしました。星稜をゴール前に入らせず、スルーパスで、攻撃に素早く転じて決定機を何度も作っていたように思えます。 星稜は、中盤で、…

高校サッカー準々決勝について

準々決勝 星稜3-0明徳義塾 国学院久我山1-0前橋育英 駒大高0-1東福岡 青森山田1-0富山第一 3ゲームは、接戦になってますね。それだけ各チームの実力差がないということですね。やはり有力選手を擁している高校は、勝ち上がってきますね。 準決…

箱根駅伝について 最終

一夜明けても、青山学院大の優勝の余韻が残っていますね。青山学院大の選手が日テレの番組に朝から出ていますね。 12月24日に予想記事を書きました。 >1位青山学院大。やはり神野が大きいでしょう。 2位東洋大。 今回は、平地区間は、強いです。 3位…

箱根駅伝復路について

引き続き復路について書いていきます。 青学大が、一昨年の東洋大学の優勝タイムより遅い10時間53分台で、優勝しました。暑さがひとつの原因でしょうね。 それにしても、下田と小野田は、素晴らしかったですね。小野田は、山下り継続、下田は、山かエー…

箱根駅伝往路について

箱根駅伝往路について書いていきます。今回は、自分が注目していた東洋大学中心について書いていきます。 今回は、1区から予想に反して、ハイペースになりました。 中央学院大潰滝と中央大町澤が序盤から引っ張った影響でしょう。ここで、青学久保田が最後に…

ニューイヤー駅伝について

今回は、ニューイヤー駅伝について書いていきますが、まず、今回の優勝チームは、トヨタ自動車、2位は、コニカミノルタでした。 今回は、層が厚いとされる日清食品中心について書いていきます。 前回のオーダーは、大迫→レオナルド→佐藤悠基→村澤明伸→小野…

箱根駅伝予想について

箱根駅伝予想について書いていきます。 その前に一つ触れたい記事があります。まさかスポニチがこんな記事を書くとは、出禁になるんじゃないかなと思いましたね。 箱根駅伝不要論。マラソンの低迷が箱根駅伝のせいだという一方的な意見。 最近5区を走った選…

高校駅伝について

高校駅伝についてに書いていきます。世羅がアベック優勝しました。 今回も、公平に書いていくべきだとは思っていますが、地元である学法石川が上位に来ると予想されました。 ですので、学石目線で書いていきます。 学法石川13分台を3人擁し、県高校駅伝後…

箱根駅伝予想について

箱根駅伝予想について書いていきます。 青学大、駒大、東洋大の3強になっていくと思います。この3チームは、高速レースの展開にしたいでしょう。 往路から主力を投入してくるでしょう。特に1区は、失敗すると取り返すのが、結構難しくなると思います。 東…

女子ゴルフランキングについて最終

女子ゴルフの日本のランキングについて書いていきます。 この大会で、シードが確定しました。(後は、上位陣の動きのみ) 下川めぐみ、馬場ゆかり、川満陽香理、井芹さんなどの可能性が無くなるなかで、シード争いは、柏原明日架と福田裕子と一騎打ちになり…

ふくしま駅伝について

ふくしま駅伝について書いていきます。 ふくしま駅伝は、福島県の市町村対抗の駅伝であり、国体開催の為、福島県の中長距離強化の為、始められた大会として知られています。この大会から生まれた陸上選手は、佐藤敦史、今井正人、藤田など数多くいます。 そ…

全日本大学駅伝について

全日本大学駅伝について書いていきます。 過去10年の優勝校は、駒大、早大、日大の3校ですね。 過去20年を見てみても、東海大、順天堂大、神奈川大の6校しか優勝経験がないですね。 今年は、東洋大学が歴代2位のタイムで初優勝しました。 東洋大学は…

ブリジストンオープンについて

松村道央-9で優勝しました。16番のチップインイーグルが大きかったと思います。 17番で、奥に打ってしまって、ボギーになってしまうのですが、18番2オンに成功し、バーディー。 賞金ランク60位堀川と35位稲森は、ともに初優勝は、またの機会に…

2015年ジャイアンツの事について⑥

おそらく今年最終のジャイアンツに、書くことのブログになります。 今回のドラフトでは、有力選手を避けた逃げのドラフトでした。 おそらく、1位の中では、11番目以降の立命館大の桜井。2位は、赤星タイプで似た選手が多いスピードスタータイプの指名で…

出雲駅伝について

出雲駅伝ついて書いていきます。 簡単に書いていきます。駒大と青学大の一騎打ちの展開になりました。 青山学院大と駒大の個人区間順位を見ていくと、 1区中谷が区間賞、3区久保田が区間賞。5区の西山が区間賞。 2区の其田が区間2位、1区小椋が区間2…

女子ゴルフランキングについて②

2カ月前に書きましたが、女子ゴルフ賞金シードについてまた書いていきます。 一応出場試合数とかありますが、上位50人になっています。 イボミがトップ、5000万差でテレサルー、8000万差で、菊地絵里香、上田桃子、申ジエと続きます。 前回から、…