読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

その他のスポーツ

今後の予定について

予想記事らしきものを今まで放置してきたものが多かったのですが、今後どうしていくか書きます。 ・白鵬年間全場所制覇の可能性(2015年3月8日) 完全に外れました。秋場所の途中休場の怪我や、九州場所無理やり合わせた感じがします。初場所も、終盤…

白鵬年間全場所制覇の可能性

白鵬は、初場所で全勝優勝しましたが、白鵬対高安戦、白鵬対稀勢の里など危なかっしい一戦もあり、今後は、不安材料が多いと思いますが、 大関相手に、有力力士が少ない。 2014年負けた相手は、高安、豪栄道、稀勢の里、琴奨菊、鶴竜、日馬富士の6人ですね…

錦織世界ランキング1位の可能性

※本来は、全仏前に出す記事でしたが、順調に世界ランクを上げていますので、2カ月以上前に投稿します。 錦織世界ランキング1位の可能性。全豪のフェレール戦を見るとビック4+数人以外には、楽に勝てる実力があると思います。 今年サーブを強化し、200…

高校生のスポーツについて④

高校生のスポーツについて触れていきます。 今回は、最終で、サッカーの決勝について触れていきます。 結果としては、星稜が、初優勝を果たしました。 全員攻撃、全員守備と走り続けるサッカーでした。 個の力が抜きん出ているチーム作りと違って、全員がシ…

高校生のスポーツについて③

特別番組などが多く、どれを見ていっていいかわからない状態ですが、今回もスポーツの話題について書いていきます。 高校サッカー 星稜と前橋育英の決勝になりました。 負けてはしまいましたが、流通経済大柏と前橋育英の勝負は、見ごたえがありました。 流…

高校生のスポーツについて②

男子ラグビーは、東福岡が3年ぶり5回目の優勝を果たしました。 決勝史上最多得点と圧勝でした。東福岡の黄金期が再度到来したといっていいでしょう。 高校男子バレーベスト4 東福岡、大塚、大村工、愛工大名電 前回ベスト4の203の鈴木を擁する雄物川…

高校生のスポーツについて

青山学院優勝から2日たち、見てみると、復路も攻める走りをしたとか、数年前東洋大が新記録作った頃のコメントと ほぼ同じでした。 平成23年に早稲田が随分記録していなかった10時間59分台を出してから、わずか5年で、10分縮まったので、大迫世代…

年末年始のスポーツの話題について

年末年始は、マレフィセント、相棒劇場版、るろうに、などを見て過ごしていました。簡単にスポーツについてまとめます。 高校バスケは、女子が桜花学園が3連覇。男子は、明成が2連覇と本命が優勝しました。男子の明成は、途中10点近くリードされていまし…

高校バスケについて①

女子高校バスケ。準々決勝。 ①桜花学園81-49四日市商。 ②東京成徳大62-79聖カタリナ女子。 ③安城学園80-78八雲学園。④福岡大学附属若葉65-72昭和学院。 福岡大学附属若葉の快進撃は、止まる。 3回戦で、100点以上を叩きだすなど、桜…

復活

今回の題名は、復活とさせていただきました。 今週の話題として取り上げるのは、男子のゴルフとマラソンについてですね。 男子ゴルフは、元選手会長の宮本の復活を印象づける優勝でした。ボギーが少なく安定していましたね。 17番の3番アイアンのセカンド…

モンゴル3強時代から4強時代へ

相撲の事を述べていきます。 大相撲の秋場所は、まさかの展開になりました。 終盤まで、新入幕のモンゴル遊牧民出身の新星逸ノ城が優勝争いを演じました。 稀勢・豪栄道の2大関を破り、横綱の鶴竜をも破るという快進撃でした。 場所前から、有力力士として…

サッカー日本代表

GK川島永嗣(31)、西川周作(28)、林彰洋(27) DF長友佑都(27)、森重重人(27)、水本裕貴(28)、吉田麻也(26)、酒井宏樹(24)、坂井達弥(23)、松原健(21)。酒井高徳(23)。 MF 長谷部誠(30)、細貝萌(28)、田中順也(27)、森岡亮太…