過去作のドラマについて②

引き続き書いていきます。前のブログ記事を書いた後で、大きな発表がありました。科捜研の女が4月から1年放送するとのこと。これは驚きでしたし、成功したら他の人気作のドラマも同じことやりそうな感じはしまし。 それと、注目していた刑事ゼロは、14.8%と…

ニューイヤー駅伝2019について

1区は、例年通りのスローペース。ヤクルト高久が出て、九電工の中村が最終的にスプリントで勝った感じ。2区は、最初九電工のコエチが飛ばしますが。オーバーペースだったので、2位集団が近づいてきて、愛三工業ケモイが抜け出します。3区は、旭化成の鎧坂が…

箱根駅伝について2019

引き続き今年は、少し簡単に書いていきます。東海大学が初優勝しました。中井・伊達・佐藤の時代から、湘南の暴れん坊とかいうニックネームをつけられて出雲を3連覇していて、村澤・早川の時代でも、予選会落ちをしてしまうなど実力通りの結果を残せなかった…

全国高校男子駅伝2018について

今回は、男子と女子に分けて書きました。男子は、倉敷が2年ぶり2回目の優勝をしました。 やはりポイントは、6区倉敷の石原が最初から飛ばしていって、世羅の北村を抜いていった場面ですね。あそこがやはりポイントだったのかなと思います。それで、アンカー…

全国高校女子駅伝2018について

基本的に去年と同じです。女子は、神村学園が初優勝しました。 女子は、2区に留学生ムソニでトップに立ち、仙台育英は、逃げきりを狙いますが、5区で、後ろから追ってきた神村学園タビタが凄かったですね。15分6秒と区間記録には及ばないながらも、去年の記…

過去作のドラマについて

今回は、過去に作られたドラマについて書いていきます。 テレ朝の最初の木8である木曜ミステリー枠です。昔は、時代劇枠だったのですが、1999年にミステリー(刑事ドラマ・推理ドラマ枠)になりました。 最初に作品として放送された京都迷宮案内は、10シリーズ…

2019年ブレークする俳優・女優

昨年に続き第2弾で、引き続き書いていきます。 今年ブレークする俳優として、森永悠希さんですね。結構ドラマには出演されているこてますが、ブレークする感じはしてないですね。映画カノ嘘の演技とべっぴんさんの演技は良かったですね。 2人目としては、中…

聖光の歴史④

引き続き書いていきます。震災後からですね。震災後一旦チームを解散し、自宅に返したそうです。グラウンドは、表土を削りとり、ゼオライトを撒くなど放射能低減の対策を行ったようです。当時は、まだ室内練習場もなかったので、練習も、屋外で行うしかなく…

聖光の歴史③

引き続き書いていきます。先日福島県の高校野球に大きな発表がありました。なんと前仙台育英監督の佐々木順一朗氏が学法石川(略して学石)の監督に就任されました。驚きではあるし、学石の法人が本気を出したということなのでしょう。ただ、仙台育英は、秀光…

聖光の歴史②

間隔空いてしまいましたが、前回の続きです。2008年からです。2008年は、選抜に出場しました。先発は、仲田でした。沖縄尚学を1点に抑える好投でしたが、何といっても、ボークが悔やまれます。沖縄尚学は、この大会を制覇しましたが、聖光学院は、この頃から…

聖光の歴史①

お久しぶりです。ハードディスクのデータが破損したりして、遅くなりました。今回は、聖光学院が甲子園初出場を果たしてからのことを自分なりにまとめていきたいと思います。聖光の初出場は2001年でした。この時の地方大会の日大東北の決勝戦11回4点差から、…

ミズノオープン2018について

ミズノオープン2018の結果について書いていきます。今回は、会場がJFE瀬戸内ではなく、茨城県鉾田市のザロイヤルゴルフで行われました。なんといっても、総ヤード国内最長の8007ヤードのコースは魅力的でした。芝もきちんと手入れされていたし、今後3年間し…

第90回選抜高校野球大会について

今回は、記念大会になりました。なので変則日程になり、その影響で有利・不利になるチームが出てきました。2回戦っているチームもあれば、初戦のチームもあったり、今後の大会運営の改善に期待したいですね。 最初に、今回の大会は、実力差があった高校が目…

藤井聡太の快進撃について

藤井聡太が初対局したのは、2016年冬それから29連勝を含め、徐々に強くなってきています。2017年勝ち続け負けたのは11敗。2018年2月1日には、五段昇段。さらには、2018年2月17日の朝日杯で準決勝で、羽生竜王に勝ち、決勝でも勝ち優勝したことで、六段に昇段…

平昌オリンピックについて

平昌オリンピックが行われました。ここでは平昌オリンピックについて書いていきたいと思います。 信頼できる予想から見ていくと、アメリカのスポーツイラストレイテッドの予想では、日本は、金3個、銀4個、銅7個の計14個の予想でした。 予想では、金は、小平…

ひろしま駅伝2018について

埼玉県が優勝しました。やはりアンカーに設楽悠太みたいな国際大会経験者レベルのランナーがいると、安心して走れるし、精神的に大きいよねと思います。 2位は、長野県でした。高校生区間は、本間と中谷が区間賞という走りで、特に、中谷は、後続を引き離し…

高校サッカーについて2018

前橋育英が優勝しました。意外なことですが、初優勝なんですね。これには驚きました。流通経済大柏と前橋育英が守り合う展開になり、0-0のまま動かず。後半前橋育英が決定的なチャンスを何度も迎えますが、そのたびに流通経済大柏が凌ぎきっていましたが、最…

箱根駅伝2018の結果について

青山学院大が4連覇を達成しました。やはり憎たらしいほど強いですね。後半に勝負が来ると分かっていて、6区小野田と7区林の起用で当たりましたね。まあ素直におめでとうございますと書いておきます。 東洋は、今年結果を出せずにいましたが、箱根にはきちん…

ニューイヤー駅伝2018

ニューイヤー駅伝について書いていきます。旭化成が2区アブラハム区間3位の快走でトップを奪いました。途中ホンダ設楽の区間賞の走りで追いつかれますが、5区村山で引き離しそのまま逃げ切りました。 旭化成全てのランナーが区間一桁でした。大六野以外大き…

全国高校駅伝2017について

また今回も書いていきます。まず結果から、女子は仙台育英が23年ぶり3回目の優勝、男子は、佐久長聖が9年ぶり2回目の優勝を達成しました。 一応戦い方として女子が先行逃げ切り、男子が後半重視の型を比較的取りやすい感じがします。 女子は、2区で仙台育英…

2018年ブレークする俳優・女優

本来は、スポーツのことを書くのですが、たまには、芸能ジャンルも書いていきたいと思います。 今年ブレークすると思う俳優として、岡山天音さんだと思います。スカッとジャパンなどで出てる俳優ですね。ドラマの出演も増えてきましたね。朝ドラひよっこにも…

箱根駅伝に向けて2017

今回箱根駅伝に向けてのことについてある程度予想していきながら書いていきます。箱根4連覇が期待される青学ですが、連覇の可能性は相当厳しいといえるでしょう。そういう意味では、戦略が大事になるでしょう。今季不調である下田をどこに配置するのか。田村…

波乱の秋場所

今場所は、初日から3横綱が休場。2日目の玉鷲戦で足を引っ掛けた感じになり高安も休場。照ノ富士は、5日目松鳳山に吊り上げられ、足を痛め休場と2大関も休む場所になりました。これは99年ぶりの出来事らしいです。 日馬富士も、前半は、本来の速い相撲が見ら…

コードブルー3最終回を終えての感想について

最後まで何がしたいのかちょっと分からなかったですね。やはり視聴者に分かってもらう努力というのがちょっと足りない部分が多いです。 事前の説明省いて突然唐突に話が始まるのも最終話まで相変わらずですし、背中で離婚届書くとかありえない設定ですし、命…

夏の甲子園2017について

今年の大会で振り返ると、エラーと多さとホームランの多さが目立ちました。今年は、継投のチームが多くそこが勝負の分かれ目になっていた点も多かったと思います。 主に、3回戦以降の試合で取り上げると、神村学園ー明豊の試合は、神村学園の先発投手の交代…

コードブルー3について

まあ正直いって1.2シーズンを見ていたものにとっては、好みではないし、残念な出来と言わざるえません。 まず、シーズン1からある程度知名度と演技力があった4人のキャストと今回の3人のキャストが両方についてかなり差があるといってもいいでしょう。 二つ…

聖光学院11連覇で戦後最長更新

福島県の夏の高校野球について書いていきます。 聖光学院は、今年11連覇しました。やはり突き抜けたエースと4番打者はいないのですが、レギュラーでさえ結果を出せないと外される危機感があり、また、聖光野球の、以前から終盤の集中力が一つの特徴なのです…

アースモンダミンカップと日本選手権について

別記事で書くことも考えましたが、削って2つの出来事を書きます。 アースモンダミンカップは、カメリナヒルズで行われる高額賞金の大会の一つです。この大会を良い順位で終えることは賞金ランクにとって非常に大きいと思います。 その中で鈴木愛が優勝しま…

全米オープン2017について

今年は、エリンヒルズというフェスキー芝を用いた全英オープンに似たコースで行われていました。一昨年のチェンバーズ・ベイに若干似たコースともいえると思います。 飛ばし屋のケプカが16アンダーで優勝しました。14番と15番でバーディーを取って後続と差を…

テニスランキングについて①

錦織世界ランキング一位の可能性という題でずっと書いてきましたが、書いている内に趣旨内容が本来の目的から外れてしまった感じがするので題名を変えてスタートします。 全仏オープン後の結果として、テニスの世界ランキングとして、上位からマリー、ナダル…